2018年02月17日

義理チョコならぬ義務チョコ


Facebookページ更新:

今週も診療を終えました

 
今週も診療を終えました。

今週も雪が降りましたね。
印象としては雪が多いのですが
積雪量をみてみますと
例年と比べて大して多くないという
実感とずれた感じの積雪のような
気がします。

途中で融けたりして
積雪量が減ったりしたから
なんでしょうかね。

今週も雪かきに追われていたように
感じます。

といいますのも、今週はまた
自宅の町内会のゴミ箱の雪かき当番でした。
4軒で回していますので
月に1回のペースで1週間担当です。

この1週間は何とかガンバって
朝早く起きて雪かきしています。
ゴミ箱の周りの雪かきはすぐ終了しますが
ついでに家の前の雪かきもしますので
寒い朝でも少し汗ばんだりラジバンダリ。

ーー

当クリニックも今年の7月で開院15周年を
迎えます。
15年といえば、開業した時に産まれた赤ちゃんが
中学3年生になる年月ですから
そう考えますと、長いですよね。

当クリニックは日帰り白内障手術をしていますが、
外来診療では色んな疾患の患者さんを
診させてもらっています。

その中でも緑内障は日本人に多いことが
わかっており、
年齢を重ねる毎に患者さんが多くなって来ます。

一度、緑内障と診断がつきますと、
生涯にわたって視力、視野を保つために
治療、経過観察が必要な慢性的な疾患です。

ですので、眼科クリニックでは
開業してから長くなると
緑内障の患者さんが増えて来ます。

緑内障は目の硬さ(眼圧)を下げることが
治療として有効なことが判明しています。

いまは、眼圧を下げてくれるいい目薬が
いくつも出て来ていますので、
外来では眼圧をチェックして、
目薬を続けてもらうモチベーションを
保つことが、眼科医の仕事だと思っています。

患者さんに目薬を続けてもらうために
「月間緑内障検診情報」
というのを始めてみました。

「月間緑内障検診情報」ですので
患者さんにお伝えしたいことを
12個のトピックスとして書きました。

その「月間緑内障検診情報」とは違うのですが
以前グラフ旭川さんに掲載してもらった
緑内障Q&A
で、今一度、緑内障の復習をしましょう。

Q 眼科を受診したら、
緑内障があると言われました。
自分では何の症状もないのに… 
緑内障って何ですか?

A 目の働きや構造はよく
カメラに例えられます。
黒目(角膜)のすぐ後ろに透けて見える
いわゆる茶目は虹彩といい、
これは目の中に入ってくる
光の量を調節する働きがあり、
カメラのしぼりにあたります。
この虹彩の後ろに水晶体という部分があります。
水晶体はカメラのレンズと同じで、
私達が見ようとするものを正しく、
網膜(カメラのフィルムにあたる部分)に
焦点を結ばせる働きがあります。
網膜に映った像が視神経を通して脳に伝えられ、
私達は、初めてものを見ることができます。
 緑内障は視神経がおかされて、
見える範囲(視野)が狭くなる病気です。
視神経は100万本以上の神経線維の束で、
網膜に映った像を脳に運ぶ、
いわば目と脳をつなげるケーブルの働きを
しています。
電気器具のケーブルが接続部分で
壊れやすいように、
視神経も視神経乳頭と呼ばれる
眼球からの出口の部分が傷害を
受けやすくなっています。
視神経乳頭に傷害を与える一番の原因は、
眼球内の圧力(眼圧)と考えられています。

Q 眼圧って何ですか?

A 目には一定の硬さがあります。
これは、目の中で作られている水と
出ていく水が丁度つり合っていて、
目の硬さをほどよい状態に
保っているからです。
 眼圧は血圧と同じ単位(mmHg)で
測定されますが、
正常の眼圧は10~21mmHg です。
眼圧が上がることによって、
視神経乳頭の傷害が起こることは
解明されており、
以前は緑内障と言えば、
眼圧が高いと考えられていました。
しかし、日本人には眼圧が
正常範囲に入っていても緑内障になる人が
多いことが判明し、
正常眼圧緑内障と呼ばれています。
正常眼圧緑内障では、
視神経の強度が関係しているとみられ、
たとえ正常範囲内の眼圧でも、
その患者さんにとっては負担になっていると
考えられます。

Q 白内障はよく聞きますが、
緑内障って珍しいですよね?

A 日本緑内障学会の調査によりますと、
緑内障の患者さんの割合は
40歳以上の17人に1人と考えられます。
60歳代では13人に1人、
70歳以上では8人に1人が緑内障と
いうことがわかりましたので、
決して珍しい病気ではありません。

Q 緑内障は失明する病気なんですよね?

A 視神経がおかされると
徐々に消失してしまい、
その部分の情報は脳に伝わらずに
視野が欠けてしまいます。
しかし、視神経の傷害はゆっくりと起こり、
視野も少しずつ狭くなっていくため、
自覚症状はほとんどなく、
知らないうちに病気が進行しているのが
緑内障の怖い点です。
 緑内障による視野の欠けや狭まりは、
治療で元に戻すことはできません。
治療の目的は、緑内障がそれ以上に
進まないようにすることです。
早期に発見し、早くから治療を受ければ、
失明に至らず視力を保つことができます。
治療は視神経乳頭に傷害を与える
一番の原因である眼圧を低く
コントロールするということです。
 現在では緑内障治療の点眼薬だけでも
10種類以上あり、
非常によく眼圧を下げる点眼薬も出ています。
まずは点眼薬による治療が開始されますが、
病状の進行が止められない場合には
レーザー療法、手術療法が
必要になる場合もあります。

Q 緑内障で目薬を寝る前にさすように
言われました。
寝る前に目薬をさしていいんですか?

A かなり昔のことになりますが、
寝る前に点眼すると副作用が出やすい薬がありました。
その頃には、寝る前には目薬をささないほうが
良いと言われていたと思いますが、
現在使われているほとんどの目薬は、
寝る前に使用しても問題はありません。
特に緑内障の目薬の中には、
寝る前にさすことが勧められているものがあります。

Q 緑内障の目薬をしたあとに、
顔を洗うように言われたのですが?

A 緑内障の目薬の中には、
目のまわりの皮膚の毛が生えてくる
副作用を持つものがあります。
その副作用を出さないために、
目薬をしたあとに、
顔を洗うことが勧められています。
一番いいのは、目薬を入浴前にさすことだと思います。

ーー

14日はバレンタインデーでした。
スタッフからチョコレートいただきました。
有難うございます。

「義理チョコ」ならぬ
「義務チョコ」になっていなければ
いいのですが…
とにかく、ありがとう。

妻からもここ最近恒例の
ビートルチョコをいただきました。
「義理チョコ」ならぬ
「投資チョコ」になっていなければ
いいのですが…
とにかく、ありがとう。

ーー

今週も終了です。
来週も来てくれた患者さんに
安心をお届けするために
元気一杯頑張ります。
 

メール医療相談

 こんの優眼科クリニックは『患者さんに優しい眼科クリニック』をめざし、メールでのお問い合わせを受け付けます。

 当クリニックを受診されたことがある方は、診察券に記入されている番号を記入して下さい。診療内容やお薬についての問い合わせや、当クリニックへのご意見・ご要望・苦情もお受けしています。
 当クリニックを受診されたことがない方は、お名前・ご住所・電話番号・年齢をご記入の上、どのようなことでお困りか、ご遠慮なくご質問下さい。
質問された方のプライバシーは厳守いたします。診察しなければお答えできないこともありますことを、ご理解下さい。
 質問と回答をホームページ上に公開することもありますので、ご了承ください。その際にも、プライバシー保護には充分注意致します。

 
 
 
 
 
 
                            

診察時間のご案内

診察時間
午前 9:00〜12:00
昼休み 手術 手術 手術 手術 手術
午後 13:00〜15:00

待ち時間を短くするために、予約の方を優先に診療しています。
受診ご希望の方は、お電話・メールでご予約くださいませ。
精密眼底検査にはお時間がかかります。
18:00までにご来院いただけますとありがたいです。

 

休診日 日曜日・祝日
午前 09:00~13:00
昼休み 日帰り白内障手術
午後 15:00~19:00