2018年03月24日

I've been mellow.


「春の予感」
Facebook Page 更新 

 
今週も診療を終えました。

大分暖かくなってきた感じで
道路の雪も融けて来ました。
路面は出ている所が多いのですが
路肩の積雪はまだありますので
道路幅が狭く
2車線が1.5車線になっていたりで
まだまだ走りにくい感じで
譲り合いが大切ですね。

今週は21日水曜日が
春分の日でお休みでした。

春分の日は例年ですと
もうすっかり春の気配
I've been mellow
これは「春の予感」でしたか…
なはずですが、
雪の量を見ると
まだまだ、という気がしますが
少しずつ春が近づいていますね。

ーー

水曜日がお休みでしたので
火曜日のお昼休みは手術は入れずに
メニコンさん主催の
「第7回メルスミーティング」
開催されました。

今回のお題は
「円錐角膜」
でした。

円錐角膜は
角膜不正乱視の原因の一つです。

角膜不正乱視とは
通常の眼鏡の矯正
球面レンズと円柱レンズの組み合わせ
では、視力が十分に出せない状態です。

円錐角膜では
透明な黒目である角膜が
正常な湾曲を失い
中央部よりやや外下方が
円錐状に突出するために
強い近視と角膜不正乱視を
きたす疾患です。

思春期から30代半ばに発症し
40~50歳くらいまで
10~20年の間進行し
両方の目に発症しますが
左右の程度、形状は異なる
とされています。

今までは1200人に一人と
考えられていましたが
最近の報告では
もっと多くいるのではないかと
考えられています。

色々な角膜形状解析装置が
出て来ていることによって
診断技術が進歩してきているためと
考えられます。

円錐角膜は初期には
その診断が難しいとされています。

乱視、近視の進行が早く、
眼鏡、コンタクトレンズが
すぐ合わなくなる時は
疑わしいとされています。

さらに円錐角膜が進行して来ますと
角膜曲率半径が6ミリ以下
角膜の突出
突出部の角膜びらん
角膜上皮下の混濁
フライシャー輪
フォークトライン
などの所見が出て来ます。

さらに進行する場合には
デスメ膜破裂から急性水腫を
きたしてしまうことがあります。

円錐角膜は眼鏡で視力矯正することが
難しいので
ハードコンタクトレンズの適応に
なります。

円錐角膜のコンタクトレンズ合わせに
ついて、
3点接触法
2点接触法
アピカルクリアランス法
ピギーバック法
について学びました。

ハードコンタクトレンズは
その装用感から
どうしても敬遠される傾向に
ありますが、
当クリニックでは

近視度数の強い方
乱視度数の強い方
装用時間の長い方
にお勧めしています。

ソフトレンズは角膜全体を
覆ってしまうために
どうしても角膜に行く酸素が
不足しがちです。

ハードコンタクトレンズは
角膜の涙の上に浮いているので
涙から角膜に酸素が届きやすいと
考えられています。

またハードレンズの装用感ですが
トラブルが起こる前に
異物感が強くなることによって
レンズ装用を続けられないので
それ以上悪化することを
未然に防ぐことが出来ます。

ソフトレンズは
そのバンデージ(絆創膏)効果で
角膜に傷があっても
レンズを使い続けてしまうことで
さらに角膜の傷が悪化するまで
見逃されてしまう危険性があります。

円錐角膜の方に限らず
これからも
近視度数の強い方
乱視度数の強い方
装用時間の長い方
には、ハードレンズを
お勧めしたいと思っています。

ちなみに私は
近視度数が強く、
装用時間も長くなりがちですので
ハードレンズを使用しています。

大学2年生の時に
ソフトレンズを始めましたが
眼科の臨床講義で
ハードレンズの方が
角膜に対する酸素透過性が
優れていることを知り
大学6年生から
ハードレンズに替えました。

ーー

メルスミーティングでは
さらにメルスプラン応援キャンペーン
について連絡がありました。

メニコンメルスプランは
コンタクトレンズを
定額制で
定期的に眼科医の検診を受けながら
使用する
眼科医の私から見て
とても安心なシステムだと思い、
当クリニックでは
コンタクトレンズ希望の方に
まず最初にお勧めしています。

現在メニコンから

新規入会の方に
春のワンデーデビュー応援キャンペーン
紹介キャンペーン

また既存会員の方に
Magic実感プログラム
2ウイーク遠近両用切替キャンペーン

を用意してくれています。

春から入学、進学、就職という方々
それを機会にコンタクトレンズデビューを
考えていらっしゃる方へ
キャンペーンもありますので、
詳しくはスタッフまで
ご遠慮なく質問して下さいね。

ーー

今週も終了です。
来週も来てくれた患者さんに
安心をお届けするために
元気一杯頑張ります。
 

メール医療相談

 こんの優眼科クリニックは『患者さんに優しい眼科クリニック』をめざし、メールでのお問い合わせを受け付けます。

 当クリニックを受診されたことがある方は、診察券に記入されている番号を記入して下さい。診療内容やお薬についての問い合わせや、当クリニックへのご意見・ご要望・苦情もお受けしています。
 当クリニックを受診されたことがない方は、お名前・ご住所・電話番号・年齢をご記入の上、どのようなことでお困りか、ご遠慮なくご質問下さい。
質問された方のプライバシーは厳守いたします。診察しなければお答えできないこともありますことを、ご理解下さい。
 質問と回答をホームページ上に公開することもありますので、ご了承ください。その際にも、プライバシー保護には充分注意致します。

 
 
 
 
 
 
                            

診察時間のご案内

診察時間
午前 9:00〜12:00
昼休み 手術 手術 手術 手術 手術
午後 13:00〜15:00

待ち時間を短くするために、予約の方を優先に診療しています。
受診ご希望の方は、お電話・メールでご予約くださいませ。
精密眼底検査にはお時間がかかります。
18:00までにご来院いただけますとありがたいです。

 

休診日 日曜日・祝日
午前 09:00~13:00
昼休み 日帰り白内障手術
午後 15:00~19:00