2018年04月14日

診察室への入り方


Facebook Page 更新

 
今週も診療を終えました。

4月も第2週になりましたので、
春休みも終わって
すっかり通常モードになりました。

道路の雪も大分なくなってきました。
ウッドデッキの横と前は
やはり気になりますので、
頑張って雪割りをしたわけですが、
塀の前はそのまま手つかずの状態で
自然解凍を待っています。

それでも少しずつ
雨が降ったら嵩が減って
少しずつではありますが
残雪がなくなってきています。

春がそこまで来ています。

ーー

今回の写真は
診察室にいる私から見た
診察室の入り口です。

この角度から診察室の入り口を
見ているのは、
いつも私だけなのですが、
私にとっては、毎日見ている風景です。

患者さんが診察室に入ってくるとき
患者さんが診察室を出て行くとき
にはかならず、見ていようと思っています。

電子カルテなものですから、
もちろん電子カルテではなく
紙カルテだった勤務医の時代から
ついついカルテを見てしまう癖があるのですが、

患者さんが入ってくるときと
患者さんが出ていくときは
カルテから顔を上げていようと
思っています。

もちろん患者さんから
お話をうかがうときにも
しっかりと顔を見ているようにと
心掛けているつもりです。

2016年11月に
診察室に黄色の誘導シールを
貼りました。

診察室のドアをあけて、
そのまままっすぐ入ってもらって
左手にある黄色い椅子に
お座りいただきたい
と思っているのですが

奥ゆかしい方がいらっしゃって
椅子の後ろを回って
椅子に座る方がみうけられます。

どちらから座っても
問題なければよかったのですが、
さにあらず。

椅子が電動で上下に動くのですが
そのリモコンと
椅子に電気を供給するコードが
2本、有線なのです。

それが、私から向かって右側から
出ていますので、
椅子の後ろを回って
椅子に座ろうとする場合に
そのコードに足を引っかける
危険性があります。

そこで、診察室に入ったら
そのまままっすぐ入ってもらって
椅子に腰かけていただきたい
というのが、私の切なる願いです。

ですので
黄色の誘導シールを貼るまでは、
「どうぞ、まっすぐお入りください」
と声かけをしていました。

黄色の誘導シールを貼ってからは
大体の方は
まっすぐ入ってくださるのですが、
それでも、なおも奥ゆかしい方は
椅子の後ろを回って
椅子に座る方がみうけられます。

ですので、
黄色の誘導シールを貼ってからも、
「どうぞ、まっすぐお入りください」
と声かけをしています。

そしてお荷物は患者さんの右手に
ワゴンを置いていますので
その上に置いてもらっています。

当クリニックでは、
検査を初めて受けた方には
検査の内容を説明した
「検査情報」
という用紙をお渡ししています。

また検査の結果についても
「検査結果」
という用紙に記入して
検査スタッフからそれらの内容を
説明してお渡ししています。

ですので、検査をうけた方は
何かしらお荷物がありますので
ワゴンの上に置いてもらうことになります。

検査をうけずにすぐに
診察室に入ってもらう方もいます。

目がゴロゴロする
目が赤くなった
目やにが出る
瞼が腫れた
目にゴミが入った
という訴えの方は、
すぐに中待合室に座ってもらって
診察順番待ちです。

その中で
目やにが出る
という方は
アデノウイルスによる結膜炎
いわゆる
はやり目のおそれもありますので、
中待合室の一番端の白い椅子に
座ってもらっています。

はやり目は
目を触った手から他の人に
うつる心配がありますので、
お荷物もワゴンの上に置かずに
お膝の上に置いておいてもらいます。

はやり目の疑いの方が来た時には
診察室の中のお荷物置きのワゴンも
スタッフがサッとお片づけしています。

診察室の介助に入ってくれている
スタッフは、いつもテキパキと
仕事をしてくれています。

そしてはやり目の疑いの方の診察が
終了したら、
その方が触ったと思われる場所を
アルコールで消毒するわけです。

眼科で患者さんにはやり目を
うつしてしまうことがないように
スタッフ一同、細心の注意をはらっていますので
どうぞご安心くださいませ。

そんなお荷物置きのワゴンですが
フレームに杖置きも設置しています。

眼科はお年を召した方も
多くいらっしゃいますので、
杖を使っている方もいます。

診察室まで杖をついて来た方から
杖をお預かりして
診察の間は杖置きにキープしています。

そして立ち上がる時には
杖をお渡しして いっしょに
「せ~~の」
で立ち上がります。

特に瞳を開く目薬をしたあとでは、
足元も見えにくくなっている
心配がありますので
転ばないようにスタッフがかならず
手をおかししています。
スタッフ一同、細心の注意をはらっていますので
どうぞご安心くださいませ。

ーー

今週も終了です。
来週も来てくれた患者さんに
安心をお届けするために
元気一杯頑張ります。
 

メール医療相談

 こんの優眼科クリニックは『患者さんに優しい眼科クリニック』をめざし、メールでのお問い合わせを受け付けます。

 当クリニックを受診されたことがある方は、診察券に記入されている番号を記入して下さい。診療内容やお薬についての問い合わせや、当クリニックへのご意見・ご要望・苦情もお受けしています。
 当クリニックを受診されたことがない方は、お名前・ご住所・電話番号・年齢をご記入の上、どのようなことでお困りか、ご遠慮なくご質問下さい。
質問された方のプライバシーは厳守いたします。診察しなければお答えできないこともありますことを、ご理解下さい。
 質問と回答をホームページ上に公開することもありますので、ご了承ください。その際にも、プライバシー保護には充分注意致します。

 
 
 
 
 
 
                            

診察時間のご案内

診察時間
午前 9:00〜12:00
昼休み 手術 手術 手術 手術 手術
午後 13:00〜15:00

待ち時間を短くするために、予約の方を優先に診療しています。
受診ご希望の方は、お電話・メールでご予約くださいませ。
精密眼底検査にはお時間がかかります。
18:00までにご来院いただけますとありがたいです。

 

休診日 日曜日・祝日
午前 09:00~13:00
昼休み 日帰り白内障手術
午後 15:00~19:00