2018年04月21日

定点観測


Facebook ページ更新です

 

今週も診療を終えました。

 

今週は春らしくなって来ましたね。

道路沿いの雪も日に日に少なくなり

もうすぐ雪を見ることも

なくなってしまいますね。

 

あんなに冬の間は

毛嫌いしていた雪ですが、

なくなってくると

なんとなく寂しくなったり

そんなものですかね。

 

クリニックの塀と建物の間は

日陰になっていますので

雪が最後まで残る場所です。

 

そこで、今週はそのスポットを

定点観測してみました。

月曜日

木曜日

土曜日です。

 

少しずつではありますが

確実に春が来たことを

確認できる定点観測でした。

 

今週は木曜日の朝に

駐車場の車止めを出しました。

コンクリートで重たいのですが

毎年、春に出して冬に片付ける

季節ものですね。

 

ーー

 

ぶらんとマガジン社さん発行の

「あなたの町のお医者さんガイド 

ホームドクター2018旭川市」

が発行されました。 

 

先週、クリニックに届きましたが

先週、今週で旭川市内のご自宅に

配送されたようです。

 

患者さんから

「先生、載ってましたね」

とお声がけをいただいたりして。

 

45ページに

「白内障の日帰り手術が好評 

丁寧な説明と親切な対応が好評」

と紹介していただきました。 

 

今回、新しく写真を撮って

もらいましたが、

思いの外老けていて、

ちょっぴりガッカリしましたが、

さすが写真は真を写しています。

 

現在はぶらんとマガジン社からの

発行ですが、

最初は財界さっぽろからの

発行でした。

 

ちょうど開業した2003年に

旭川版が発行されましたので

最初から、毎回掲載してもらっています。

 

2004年には

HEALTH&LIFE

白内障は良性の病気。

緑内障は早期検査・発見が大切

 

2006年に

病気&クスリの新常識

角膜を守るためにも

コンタクトレンズとメガネの併用習慣を

 

2007年に

先生、聞いてもいいですか?

白内障の手術って簡単なんですか?

 

2008年は

家庭医学のプチ常識

最近、物がゆがんで見えることがあります。

どんな病気が考えられますか?

 

2010年は

病気にならないための健康知恵袋

最近、字が見えづらく困っています。

単なる老眼でしょうか?

 

2012年は

家庭医学の意外なホントQ&A

白内障の手術は怖くありませんか?

日帰り手術について教えてください。

 

2014年は

家庭医学の意外なホントQ&A

眼科で緑内障と言われました。

緑内障とは、どのような病気ですか?

失明しますか?

 

2016年は

病気のアレコレ 専門医が答えます

 最近、視力が落ちたような…。

検査を受けた方がいいですか?

 

というように、

巻頭の特集にも記事を書かせて

もらいました。

 

ホームドクターは

開業当初のタウンページにもまだ

掲載されていない時期に

お声がけをいただいたので

本当に有難く感謝しています。

 

さてさて今年の記事ですが

ホームドクター 2018

こんの優眼科クリニック

白内障の日帰り手術が評判

丁寧な説明と親切対応が好評

 

 「患者さんに優しい眼科治療」

をモットーに掲げる、

こんの優眼科クリニック。

「常に患者さんが自分や

自分の家族だったらと考え、

自分がかかりたいと思う眼科で

ありたいと思っています」

と話す今野優院長。

温厚な人柄と誠実な診療姿勢で、

頼れる眼科として、

多くの患者から信頼されている。

 

 診療では、特に低侵襲な白内障の

日帰り手術に定評がある。

手術は局所麻酔で行われ、

ほとんど痛みはない。

3ミリ程度の切り口から白濁を吸引し、

折りたたみ式人工のレンズを挿入。

手術時間は10~15分くらい。

傷が小さく縫合の必要がないため、

患者の負担は少なくて済み、

「こんなに楽になれるなら

もっと早く受ければよかった」

との声も寄せられるほど。

手術立会室から窓越しに

手術の様子を見守ることができ、

患者や家族にとっても心強い。

入院が必要な場合には

旭川赤十字病院などと連携。

手術後のケアにも細心の注意を払い、

視力回復をサポートする。

 

 さらに、患者の立場にたった

丁寧で分かりやすい説明も好評だ。

例えば視力に問題のある場合は

眼底カメラや細隙灯顕微鏡で

目の奥(硝子体・網膜・視神経)

まで検査し、

モニターに映し出して

分かりやすく説明。

問診票は大きく見やすくし、

検査結果なども分かりやすく

記入したものを手渡しするなど、

細かい配慮も欠かさない。

また、診察の時間だけでは伝えきれない

病気の話など、情報発信に力を入れ、

開業時から毎月発行する

「優しい眼科通信」は2018年3月で

172号を数える。

さらに、スタッフ目線から患者に伝えたい

「優しい眼科情報」も発行。

ホームページも随時更新するなど、

「患者さんには納得して

診察を受けていただき、

“ここに来て良かった”と

思っていただける眼科であり続けたい」

と今野院長は話す。

 

ぶらんとマガジン社さん

ありがとうございます。

 

ーー

 

今週も終了です。 

来週も来てくれた患者さんに 

安心をお届けするために 

元気一杯頑張ります。


 

メール医療相談

 こんの優眼科クリニックは『患者さんに優しい眼科クリニック』をめざし、メールでのお問い合わせを受け付けます。

 当クリニックを受診されたことがある方は、診察券に記入されている番号を記入して下さい。診療内容やお薬についての問い合わせや、当クリニックへのご意見・ご要望・苦情もお受けしています。
 当クリニックを受診されたことがない方は、お名前・ご住所・電話番号・年齢をご記入の上、どのようなことでお困りか、ご遠慮なくご質問下さい。
質問された方のプライバシーは厳守いたします。診察しなければお答えできないこともありますことを、ご理解下さい。
 質問と回答をホームページ上に公開することもありますので、ご了承ください。その際にも、プライバシー保護には充分注意致します。

 
 
 
 
 
 
                            

診察時間のご案内

診察時間
午前 9:00〜12:00
昼休み 手術 手術 手術 手術 手術
午後 13:00〜15:00

待ち時間を短くするために、予約の方を優先に診療しています。
受診ご希望の方は、お電話・メールでご予約くださいませ。
精密眼底検査にはお時間がかかります。
18:00までにご来院いただけますとありがたいです。

 

休診日 日曜日・祝日
午前 09:00~13:00
昼休み 日帰り白内障手術
午後 15:00~19:00