予約のお願い
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
10のお約束
私は当院を開設した際、「患者さんに優しい眼科クリニック」になるために、
皆さんに10のお約束をしました。

10のお約束は こちら


初心忘れるべからず
この10のお約束は、自分が患者としてかかるなら、
こんな眼科がいいなと思うことを具体的に考えたものです。

患者さんの側から考えますと、どれも当たり前のことではありますが、
いつも心に留め、真摯に対応したいと考えております。

その中から特に今回は、待ち時間についてお話させていただこうと
思います。


行列のできる眼科
「行列のできる法律相談所」という人気テレビ番組がありますが、
「行列ができる…」という形容詞は、その業種の最大の褒め言葉だと
思います。

そこで私も開業する時には「行列のできる眼科」を目指して…
というのは冗談です。

「行列のできる眼科」に患者さんとして並ぶのは、自分なら勘弁して
もらいたいし、行列ができるほど患者さんがいらっしゃいますと、
必然的に診察時間や説明する時間を削らなければなりません。
スタッフは、受付、検査、会計に追われ、
患者さんは待ちくたびれて不満が…と決して良いことばかりでは
ないと思います。

私が目指したのは「優しい眼科」ですから、
納得して安心してお帰りいただけますように、説明したいと思っております。

眼科では、診察してすぐに治る病気はあまりありません。
例えば、目にゴミが入ったという場合を考えてみましょう。
目にゴミが入ったことでゴロゴロ感じるわけですが、おおかたの場合、
すでに黒目(角膜)か白目(結膜)に傷が付いていることが多いのです。
ゴミが入っている状態をテレビモニターでお見せし、ゴミを取った後の
状態も、またモニターでお見せし、納得していただいたとしましても
患者さんが一番取って欲しかったのは、ゴミではなく、痛みなのです。
そこで、「ゴミが入っていたために、○目に傷が付いてしまっていますので、
2.3日お薬を使ってください」と説明し、傷が治るまで残ってしまう痛みを
受け入れていただかなければなりません。

診察する時間とお話する時間が必要なのです。


行列から脱線してしまいましたが…
待ち時間対策として考えたことは、予約制です。
予約制で思い出すのは、歯科・美容室ですね。
美容室の場合、通常は緊急の飛び込みがありませんので、有効に機能
していると思います。

当クリニックでは、なるべく待ち時間を短くできるように
眼科にはあまりなじみのない予約制を取り入れました。

開院当初はもちろん、どの時間帯に来ていただいても待ち時間はほぼ
ゼロでしたので、予約をお願いするこちら側も気がひけましたが、
段々と予約の効果が出てきていると思います。

初めてクリニックを受診される方でも電話・メールで予約することも
可能ですが、予約なしでいらっしゃる方のほうが多いので、
予約の多い時間帯に予約なしの初めての方がいらした時は、
さすがにお待ちいただくことになってしまいます。

待ち時間が長くなってしまいますと、待たされている患者さんも、
またお待たせしているこちら側も、どちらも精神衛生上よろしく
ありませんので、皆様の御協力をお願い申し上げます。


予約のお願い
当クリニックの診察順番は、基本的には(急患でない場合は)
予約されている方が優先されます。

そこで是非お待たせしないための予約を入れてください。

次回の受診予定が1ヵ月後の場合は
診察終了時、または会計の時に予約を入れてお帰りください。

次回の受診予定が3ヵ月後、半年後などの場合、
先の予定はおわかりにならないと思いますが、
仮にでも予約を入れていただけますか?
ご都合が悪ければ、予約日近くなってから電話で予約変更をお願い致します。

待ち時間の短いクリニックを維持するために、
皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。

2005.10.1発行 優しい眼科クリニック第23号 に掲載するために執筆