「私の目の中の…」
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
2008年 1月 グラフ旭川2月号市民の健康ガイドに「私の目の中の…」
が掲載されました。

1.はじめに

 数年前に「私の頭の中の消しゴム」という映画が
ヒットしましたが、今回は、眼科を受診されるきっかけとして
比較的多い、「飛蚊症(ひぶんしょう)」についての
お話です。飛蚊症の正体は「私の目の中の濁り」なんです。

 飛蚊症の不快な症状を訴える患者さんのお話を伺っていますと、
「嫌な気分」の訴え方にも、十人十色、色々あります。

・睫毛に何かついているみたいで、うっとおしい
・ススが飛んでいる
・カエルの卵みたいなものが動いている
・タバコの煙りの輪が飛んで見える
・フワフワした雲みたいなものが見える
・髪の毛みたいなものが動いている
・微生物みたい
・ゴマが見える
などなど・・・

皆さん、不快な症状を色んな言い方で教えて下さいます。


2. 飛蚊症とは

人はどのような仕組みでものを見ているのでしょうか。
ものを見る仕組みを考えながら、飛蚊症という症状について
考えてみましょう。

 目の働きや構造はよくカメラに例えられます。
黒目(角膜)のすぐ後ろに透けて見えるいわゆる茶目は
虹彩といい、これは目の中に入ってくる光の量を調節する働きが
あり、カメラの絞りに当たります。
この虹彩の後ろに水晶体という部分があります。
水晶体はカメラのレンズと同じで、私たちが見ようとするものを
正しく、網膜(カメラのフィルムにあたる部分)に焦点を
結ばせる働きがあります。
網膜に映った像が視神経を通して脳に伝えられ、私たちは
初めてものを見ることができるのです。

 カメラのボディは硬く頑丈に作られていますが、目は柔らかく、
カメラのボディの中は空っぽですが、目の中には硝子体
(しょうしたい)という生卵の白身のようなドロドロした
透明な液体が詰まっています。

 この硝子体の中に濁りができますと、明るい所を見た時に、
その濁りの影が目に底の網膜にうつり、それを飛蚊症として
感じるわけです。

 飛蚊症の原因は、硝子体の濁りなのですが、この濁りの原因が、
病気によるものなのか、そうでないのかを鑑別することになります。


3. 飛蚊症は心配ないって聞いたけど

 飛蚊症で受診される方のほとんどは、心配のないもの
(病気ではないもの)なのですが、なかには網膜剥離や
網膜剥離の原因となる網膜の穴が見つかる場合や、目の中の出血や、
目の中の炎症など病的なものが原因となっている場合もあります。

飛蚊症には
心配ないもの:生理的飛蚊症
病気によるもの:病的飛蚊症
があるのです。


4. 精密眼底検査

 この鑑別には、瞳をひろげる必要があります。
瞳をひろげる目薬を点眼し、30分くらいお待ちいただき、
詳しく目の中の端っこまで、見せていただきます。

 検査自体は少しまぶしいくらいで、痛くない心配のない検査です。
ただし検査後も3〜4時間瞳がひろがっているため、
見づらくなりますので、なるべくご自分で運転せずにお出でください。


5. 生理的飛蚊症と病的飛蚊症

生理的飛蚊症

精密眼底検査を受けていただき、目の中に病気が見つからなければ、
その飛蚊症は心配なものではなく、生理的飛蚊症です。

生理的飛蚊症の硝子体の濁りは年をとることによって生じた
硝子体の変化によるものです。
と、お話しますと、
「年のせいですか・・・」
と無意味にがっかりさせてしまう心配がありますので、
「20歳を過ぎた頃から出てくるのですが・・・」
と説明させていただいております。

と言いますのも、20歳頃から飛蚊症を感じている自分が、
「年のせい」とは思いたくないという気持ちの表れかもしれません。

病的飛蚊症

これは目に病気があって硝子体に濁りができるものです。
飛蚊症が病気の初発症状になっているわけですから、見逃すことはできません。

1. 網膜裂孔・網膜剥離

 神経の膜である網膜に穴があく病気です。
穴があく時に飛蚊症、光視症(暗い所で光が見える症状)を
伴うことがあります。早く見つければレーザー光線で
穴の周りを焼き囲み、網膜剥離になることを防ぐことができます。

 見つけるのが遅れると網膜剥離となり、手術が必要となって
しまいます。

2. 硝子体出血

 出血の原因は網膜に穴があいた時、網膜の血管に病気のある時
などです。糖尿病網膜症が悪化して、出血する場合もあります。

3. ぶどう膜炎

 目に炎症の起きる病気に伴って、硝子体が濁る場合があります。

 病的飛蚊症の場合は、それぞれに適切な治療が必要になります。


6.さいごに

 飛蚊症を自覚した日時がはっきりしている時、
視力低下、かすみなどの症状を伴う時は、病的飛蚊症の可能性が
ありますので、なるべく早く診察を受けに来て下さい。

 網膜の端っこまで診せていただいて、異常がなければ心配のない
場合がほとんどですので、安心のために診察を受けていただきたいと
思います。

2008.1.25 記