「私の目が黒いうちは…」
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
2009年 1月 グラフ旭川2月号市民の健康ガイドに「私の目が黒いうちは…」
が掲載されました。

1.はじめに

 
「私の目が黒いうちは…」っていうセリフ、テレビドラマで
強面のお父さんが言っているのをたまに見かけますよね。
今回はそういう話ではなく、進行すると瞳の中央が白くなってくる
白内障についてのお話を。

2. 白内障とは

 目の働きや構造はよくカメラに例えられます。
黒目(角膜)のすぐ後ろに透けて見えるいわゆる茶目は虹彩といい、
これは目の中に入ってくる光の量を調節する働きがあり、
カメラのしぼりにあたります。この虹彩の後ろに水晶体という部分が
あります。水晶体はカメラのレンズと同じで、私達が見ようとする
ものを正しく、網膜(カメラのフィルムにあたる部分)に焦点を
結ばせる働きがあります。網膜に映った像が視神経を通して
脳に伝えられ、私達は、初めてものを見ることができるのです。

 白内障とは、水晶体が白く濁ってくる状態です。
水晶体が濁り始めると、ものがかすんだり、二重に見えたり、
まぶしく見えたりし、進行すれば視力が低下し、眼鏡での矯正が
できなくなります。

3. 白内障手術

 白内障になると、初期のうちには薬によってその進行を
遅らせることができる場合がありますが、完全に治療することは
できません。進行した白内障は濁った水晶体を手術によって
取り除く方法が一般的に行われています。白内障は手術により
視力を取り戻すことができる良性の病気です。

 手術は、局所麻酔で行われ、痛みはありません。
手術時間は白内障の程度によって様々ですが、通常10〜30分程度です。
国内で年間100万件以上行われておりますので、1年間で上川支庁の
住民の方全員が両眼の手術を受けている計算になります。

 手術は超音波乳化吸引術という方法が一般的で、3mm以下の傷から
超音波の力で水晶体の濁った中身だけを吸い出します。
白内障を取り除いたあとに、水晶体の屈折力を補正するための
眼内レンズを挿入します。眼内レンズも、挿入する傷口を小さくする
ために折り畳んで入れるやわらかいものが主流ですので、
傷口が3mm以下のままで済み、縫合の必要がありません。

 小切開無縫合超音波乳化吸引術を行うことにより、患者さんの
全身状態や手術後の通院に問題がなければ、日帰り白内障手術を
受けることも出来ます。日帰り手術を受ける患者さんは、
通院できる方、重篤な合併症がない方、家族の協力が得られる方などが
条件となります。目の手術というと怖いイメージがありますが、
白内障の手術技術、器械は進歩し、材質の良い眼内レンズも
開発されていますので、安心して手術を受けて下さい。

 手術により、ほぼ白内障が起きる前の見やすさを取り戻せますが、
眼内レンズは水晶体のようにピントを調節する機能がないため、
不便に感じることがあります。その場合は眼鏡を使用します。
眼鏡は手術後1カ月ほどたって、視力が落ち着いてから作って
いただいています。

 当クリニックでは、まだ行っていませんが、昨年2月に
多焦点眼内レンズと呼ばれる遠近両用の眼内レンズも認可されました。
遠近両用眼内レンズにしますと、術後に眼鏡をかける時間が少なくて
済むようです。遠近両用眼内レンズは保険が適応されませんので、
片目の手術に35万〜45万円の自己負担となります。


4. 当クリニックでの日帰り白内障手術の現況

 おかげ様で当クリニックで日帰り手術を受けてくださった方が
増えてきています。開院してから2004年末までに202件、
2005年に215件、2006年219件、2007年219件、
2008年211件の手術をさせていただきましたので、
1066件執刀させていただいたことになります。
両眼の手術を受けてくださった方が365人いらしたので、
701人(男性336人女性365人)の方の目をあずからせていただいた
ことになります。

 患者さんの年齢別の人数を調べてみました。一番若い方は36歳で
高齢の方は91歳でした。

 70歳代の方が一番多く44%、次いで60歳代の方が27%、
80歳代の方が17%でした。


5. 日帰り白内障手術を考えている方へ

 白内障手術を受けている方が周りにも多いと思いますが、
なかには「日帰り手術で行うものだから簡単なんでしょ」と
非常に安易に考えられている方がいらっしゃることがあります。
日帰りで手術を行いますが、手術の内容は入院手術と同じです。
術後を病室で過ごすか、住み慣れたご自宅で過ごすかの違いだと
考えてください。手術後、安静を強いることはありませんが、
手術当日は眼帯をしていますので、片目ですと遠近感が分らなくなり、
非常に足元手元がおぼつかなくなります。台所仕事などは、
手術当日は避けるようにお話しております。

 白内障手術での一番の心配事は目にばい菌が入ることです。
手術後は目を擦らないことが、最も重要です。手術後の3日間は
入浴を禁止していますし、2週間は保護眼鏡をかけてもらっています。
また、手術後しばらくは、ばい菌止め(抗菌剤)、炎症止め(消炎剤)の
目薬を使っていただきます。

 日帰り手術が可能かどうか、一度ご相談にいらしてください。
当クリニックは予約の方を優先して診療しておりますので、
ご来院の前に電話かメールでご予約をお願い致します。


2009.1.25 記