検査の数だけ抱きしめて
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
2012年 5月 グラフ旭川6月号市民の健康ガイドに
「検査の数だけ抱きしめて」が掲載されました。

1.はじめに

 
昨年6月号の市民の健康ガイドに「私をスキーに連れてって」の
パロディで「私を眼科に連れてって」、9月号に「彼女が水着にきがえたら」の
パロディで「彼女が診察室に入ったら」というお話を掲載していただきました。
そこで今回は「波の数だけ抱きしめて」のパロディで「検査の数だけ抱きしめて」
というタイトルで、眼科で行われる検査についてのお話をさせていただきます。

2.精密検査を受けましょう

 眼科診療の特色って何でしょうか。皆さんの考える特色と、?私の考える特色に違いがあるかもしれませんが…。?私の考える特色は、検査が多い、診察室が暗くなる、診察がまぶしい、?ということでしょうか。

 眼科に診察を受けに行くと、診察の前に視力、屈折、眼圧などの?検査があり、時間を要してしまうという印象があると思います。?もちろん、「はやり目」のような感染性疾患が疑われる時は、?検査をせずにすぐに診察する場合もあります。?そこで今回は数多い眼科検査器械についてお話しします。


3.眼科の検査器械あれこれ

(1)オートレフラクト・ケラトメータ

 オートレフラクトメータは近視、遠視、乱視などの目の度数を?測ります。のぞくと牧場の家や気球などの指標が見えますので、?ぼんやりとその指標を見ていていただきます。

 オートケラトメータは角膜(黒目の表面の膜)のカーブを測ります。?乱視の主な原因は角膜のカーブのゆがみです。?コンタクトレンズ処方の際には必ずこの機械で検査し、?白内障手術の術前検査として、目の中に入れる眼内レンズの度数を?決定する際にも使います。

 これらの検査は痛くもまぶしくもないのでご安心ください。

(2)ノンコンタクト・トノメータ

 これは眼圧といって、目の硬さを測ります。 目の表面にピュッという空気が当たります。初めての時は、 少しビックリされることがありますが、決して痛い検査では ありませんので、ご安心ください。患者さんの中には
「空気銃で撃たれる検査は怖いから、受けたくない」と 言われる方もいますが、最近の器械は以前のものより空気銃の 威力が落ちていると思います。確かに空気が 「いつ出るか、いつ出るか」と思うと嫌な気分になることは分かります。 眼圧を測って、緑内障がないか調べます。緑内障は、自覚症状がなく、 視野がかなり狭くなるまで気付かない病気ですので、早期発見が 重要になります。

(3)角膜内皮細胞検査

 コンタクトレンズ希望の方、目の手術を受ける(受けた)方には、?角膜内皮細胞検査を行います。角膜内皮細胞は、角膜の透明性を?保つために重要な働きをしています。加齢と共にともに減少することは?避けられませんが、コンタクトレンズの誤った使用や、目の手術に?よっても減少し、減少した細胞は再生しません。コンタクトレンズで?細胞を減らさないように、正しいフィッティングのレンズで、かつ?酸素透過性の優れたレンズを正しい使用法で装用しなければなりません。?また白内障手術で角膜内皮細胞を減らさないように、目に優しい?白内障手術を心がけています。

(4)視野検査

 緑内障の診断と経過観察には、精密な視野検査が欠かせません。?目の神経が傷害されて、見える範囲が知らないうちに狭くなってくる?病気が緑内障です。40歳以上の方の17人に1人は緑内障と考えられて?います。クラス会をやったら、クラスに2人は緑内障の人がいる?確率になります。視野検査は自覚検査なので、検査時間が長くなると、?疲れて集中できず、検査結果があてにならなくなる心配があります。?検査時間は短く、しかし必要な部位の検査は確実に行う必要が?あります。最近の自動視野検査器械は短時間に緑内障の初期変化を?見つけ出すことができるように設計されています。

(5)眼底カメラ

 眼底カメラにはカラー写真を撮るものから蛍光写真を撮るものまで?あります。眼底を客観的に記録するだけでなく、診断的価値も高い?ものです。撮影部位や撮影倍率を変えることによって目的の部位を?確実に撮影することが可能です。

(6)超音波検査

 超音波の性質を利用して目の奥行きを測るAモードは、?白内障手術時に挿入する眼内レンズの度数を決めるために使います。?Bモードは眼底が見えないときに眼内の状況把握に有用な情報を?与えてくれます。

(7)光干渉断層計

 OCT と呼ばれ、今まで捉えることのできなかった眼底の断層像を?撮影することができるようになりました。近年増加傾向にある?加齢黄斑変性、黄斑円孔の診断、さらに緑内障の診断にも応用される?ようになってきています。

(8)網膜電位図

 光刺激に対する網膜の電気反応を記録する器械です。?網膜の他覚的検査として、網膜のどの層に機能異常があるのかを?推測できます。

(9)ヘススクリーン

 自覚的な眼位ずれを記録する検査で、眼球の動きと複視の状態を
検査することができます。


4. さいごに

眼科クリニックではいろいろな検査器械があり、これらから?得られる客観的な結果と、患者さんの主観的な症状の話を聞き、?目の表面と場合によっては目の奥までみて診断をつけ、治療します。?検査器械から得られる結果は非常に重要ですし、信頼できる結果が?得られるように、注意深く検査します。検査器械はどれも重量があり?固定して使用していますので、皆さんに次々と椅子を移っていただく?面倒をお掛けしますが、どうぞご容赦ください。


2012.5.28 記