私を眼科に連れてって
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
2011年 5月 グラフ旭川6月号市民の健康ガイドに
「私を眼科に連れてって」が掲載されました。

1.はじめに

 「目の検診を受けましょう」と聞いたことはあると思いますが、
自覚症状がないとなかなか眼科を受診することはありませんよね。

 眼科の病気にはいろいろありますが意外と自覚症状がなかったり、
目は二つあるために片方の目に病気があっても、自覚されにくいことがあり、
眼科検診によって病気が見つかることも多いのです。転ばぬ先のつえとして、
眼科検診を受けることをお勧めしています。

2.ものを見る仕組み

 人はどのような仕組みでものを見ているのでしょうか。
まずはものを見る仕組みをお話させてください。

 目の働きや構造はよくカメラに例えられます。今のところは、
「目の奥にもカメラと同じようにフィルムがあって、そこに像を結びます」
というふうなお話でご理解いただけていますが、デジタルカメラが
当たり前の時代になって来ていますから、その説明の方法も考え直さ
なければならない時が来るのかもしれません。

 人の目を見た時に、黒目として認識される部分の表面には、
角膜という透明な膜があります。角膜の後ろに透けて見える
いわゆる茶目は虹彩と呼ばれ、これは目の中に入ってくる光の量を
調節する働きがあります。明るい所、暗い所では虹彩が動き、
瞳の大きさを変えますので、カメラの絞りに当たります。
この虹彩の後ろに水晶体という透明な部分があります。
水晶体はカメラのレンズと同じで、私たちが見ようとするものを正しく、
網膜(カメラのフルムに当たる部分)に焦点を結ばせる働きがあります。
カメラではレンズが前後に動きますが、水晶体はその厚みを変えることに
よってピントを合わせてくれています。網膜に映った像が視神経を
通して脳に伝えられ、私たちは初めてものを見ることができます。

 目の奥には網膜と呼ばれる神経の膜があります。カメラのフィルムに
当たりますが、カメラのフィルムと違って網膜は場所によって感度が
違っています。網膜の一番底の真ん中にあたる黄斑という場所が、
一番感度が高くなっています。


3.眼科検診

 眼科検診でよく知られているものとして、3歳児検診、学校検診、
人間ドックでの眼底検診があげられます。

 3歳児検診では、斜視も見つかることはありますが、見た目から
親御さんが先に気がつくことが多いものです。3歳児検診で
見つけることができる病気に弱視があります。特に片眼の弱視
(不同視弱視)は、他方の目の視力は良好ですので、
見えにくそうにしているというそぶりがないため、3歳児検診で
視力の項目が取り入れられる以前は、就学時検診で初めて見つかって
治療がうまくいかないこともありました。

 学校検診では、子どもさんの視力低下を早期に見つけることができます。
急に視力が落ちるわけではないので、視力が0.3を切っていても、
案外子どもさんは不自由ないと答えるものです。でも0.3を切っていると
黒板の字は見えにくいはずですので、眼鏡も考えてもらいたいと思います。
以前、学校検診で行われていた色覚検査は必須ではなくなってしまいました。
家族に色覚異常の方がいる場合は、是非眼科で検診を受けることを
お勧めします。

 人間ドックでの眼底検診では、以前は高血圧の変化、動脈硬化の変化を
見ることが目的でした。最近では、日本人には緑内障の患者さんが
多いことが判明し、眼科医が判定する人間ドックの眼底写真の視神経の
変化から見つかることが増えています。緑内障は進行するまで自覚症状の
出ない病気で、逆に自覚症状が出た時には、かなり進行していることが
多い病気です。

4.眼科で行われる検査

 眼科では、視力検査、眼圧検査、細隙灯顕微鏡検査、眼底検査を
行います。

 視力検査は、裸眼視力(そのままの状態でどれくらい見えるか)、
眼鏡視力(ご自分の眼鏡でどれくらい見えているか)、
矯正視力(一番ピントがあった眼鏡をかけた状態でどこまで見えるか)の
検査を行います。

 眼圧検査は、目の硬さを測るものです。緑内障の病気の進行には
高い眼圧が影響していると考えられており、眼圧の把握が重要と考えられます。
緑内障は40歳以上の17人に一人くらいの割合で発症することが明らかに
なりましたが、自覚症状が少ないために、その内の80〜90%の方は
眼科を受診していないと言われています。

 細隙灯顕微鏡検査は、診察室で行われる検査で、目の表面から目の奥まで
直接観察し、必要によって色素やレンズを使って、目に病気がないかを
詳しく調べる検査です。

 眼底検査は人間ドックの眼底検査より詳しく見るために、目薬を入れて
瞳を広げて検査する方法があります。この目薬の検査を受ける場合は、
4.5時間まぶしくなりますので、すぐには車の運転は避けていただきたいと
思います。もちろん後日改めて検査を受けることもできますので、
ご相談していただきたいと思います。

5.さいごに

 眼科で行われる検査は、どの検査も痛みを伴う検査ではありません。
少しまぶしいと感じることはあるかとは思いますが、基本的には
怖い検査ではありませんので、おっくうがらずにぜひ眼科検診を
受けることを勧めします。

2011.5.25 記