病診連携
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
白内障手術の病診連携

当クリニックでは積極的に「日帰り白内障手術」に
取り組んでおります。
開業当時、旭川では2つの眼科クリニックで取り入れられている
だけでした。日常生活のリズムをくずさず、日帰り手術は
早期に職場復帰という人に向いていると思います。

当クリニックは無床診療所なので、手術後に入院してもらうことが
できません。そこで、
全身疾患のある方や、
白内障が進行し小さい傷口からの手術が難しいと判断した場合、
手術を受けないほうの目の視力が極端に低い場合
(手術後一晩は眼帯をして片目で過ごしていただきますので)、
車椅子の方(申し訳ございませんが、手術室が2階なんです)、
また緊張しやすい方には、
入院して手術が受けられる施設に紹介させていただいております。

具体的には、
旭川赤十字病院、
市立旭川病院、
旭川医大病院
に紹介しております。


2005年から、当クリニックの病診連携の実態を調査してみました。

入院白内障手術をお願いした患者さんの数は、
2005年7名
2006年26名
2007年41名
と増加してきております。

当クリニックでの日帰り白内障手術の件数は、
2003年36件
2004年166件
2005年215件
2006年219件
2007年219件
と推移してきておりますが、白内障手術を希望されて
受診してくださる患者さんが増えてきています。

「是非、当クリニックで手術を受けたい」
と仰っていただけることは有難いことなのですが、
身の丈以上のことはできないと考えています。

その時は常に
『患者さんが自分だったら、自分の親だったら、
自分の子供だったらどうするか』
を考えて、患者さんにとって最善の策をお勧めしたいと
考えています。


白内障手術以外の病診連携

白内障にかぎらず当クリニックは「目のかかりつけ医」に
なることを目指しています。
目に関して何か心配なことがあれば、まず受診していただき、
当クリニックで対処できなければ、速やかに大学病院や
総合病院に紹介。そして、その後のフォローはまた当クリニックで、
という体制を整えております。

入院白内障手術以外で他院での診療を依頼して、紹介状を書いた
患者さんは
2005年39名
2006年75名
2007年123名
でした。

昨年の123名の内訳を調べてみますと、
1.網膜硝子体疾患で紹介:61名
2.形成外科に紹介:15名
3.脳神経外科、神経内科に紹介:11名
4.斜視弱視の治療で紹介:10名
5.旭川医大角膜外来に紹介:8名
6.その他:18名
でした。


1.網膜硝子体疾患で紹介させていただいた患者さんが61名で
およそ半分を占めていました。網膜硝子体疾患で紹介した61名の
うち、およそ8割の48名の患者さんは旭川医大にお願いしました。

旭川医大に紹介した48名の患者さんは、
加齢黄斑変性:19名
中心性網脈絡膜症:7名
増殖糖尿病網膜症:5名
裂孔原性網膜剥離:4名
網膜前膜:4名
網膜血管閉塞症:4名
でした。

何度か通信でもお話しさせていただいておりますが、
加齢黄斑変性は最近増えている「中心が見えにくくなる、
歪んで見える」病気です。
現時点での、加齢黄斑変性の治療の主流は、レーザー光凝固、
光線力学的療法(PDT)です。
今まではレーザー光凝固が主流でしたが、脈絡膜新生血管を
つぶす時に同時に、正常網膜にもダメージを与えてしまうために、
黄斑の真ん中近くに新生血管がある場合は治療ができませんでした。
最近は、PDTが治療の主流になってきています。
平成16年に認可された新しい治療法です。
治療時に光線過敏物質を注射によって体内に入れて、光線過敏物質が
脈絡膜新生血管に集まった時をめがけてレーザーを照射し、
新生血管だけをつぶすという方法です。
患者さんは治療後もしばらくは光に当たらないように注意が必要で
入院できる施設で、研修を受けた眼科医のみが施術できることに
なっております。残念ながら当クリニックでは施術できません。
旭川では、医大で多くの方が治療を受けていらっしゃいますので、
この病気が考えられる方は医大に紹介させていただいております。

また、増殖糖尿病網膜症、裂孔原性網膜剥離は手術を受けて
いただかなければ失明につながる怖い病気です。
これらの手術は全身麻酔で行われることが多く、手術後の厳重な
安静も必要です。裂孔原性網膜剥離は見つけたらなるべく早期の
手術が望ましいので、すぐに紹介状を書いて、大学に行ってもらう
ことになります。


次に 2.形成外科に紹介した方が15名いらっしゃいました。
局所麻酔では辛いと思いますので、お子さんの下眼瞼内反症、
眼瞼下垂の手術をお願いしています。

瞼の出来物、いわゆる「ものもらい」は霰粒腫といいまして、
外来診察中に診察室の隣りの処置室で摘出術を行いますが、
霰粒腫以外の出来物は形成外科にお願いしています。

昨年もお願いした方の中に、悪性腫瘍でした、というお返事の方が
いらっしゃいました。
常に慎重に怪しいと思ったら専門家に紹介したいと考えております。


3.脳神経外科、神経内科に紹介になった方が11名いらっしゃいました。
両方の目で物が二つに見える複視(目を動かす筋肉を支配している
脳神経の麻痺が心配です)、
顔面痙攣(顔面神経を刺激している病気がないか調べてもらいます)、
一過性の視力低下(目に病気が見つからない時は内頸動脈狭窄症の
検査が必要です)、
頭痛
などの時は脳神経外科、神経内科で詳しく調べていただく必要があると
考えています。

旭川には医大もあり、その他にも赤十字病院、市立病院、厚生病院、
道北病院など大きい病院があり、医療が充実しています。

「目のかかりつけ医」として、確実に診断し、大きい病院で検査、
治療が必要と考えた時には、時期を逸しないように、また最良と
思われる病院に紹介させていただきたいと思います。

また、他の眼科の先生の意見も聞いてみたいというセカンドオピニオンを
希望される場合には、しっかりと紹介状を書きますので、遠慮なく
お知らせ下さい。

2008.3.1発行 優しい眼科クリニック第52号に掲載するために執筆