眼感染症道場 〜 達人への道 〜
1999年秋に若手眼科医の育成と眼感染症分野の活性化を図るべく、眼感染症懇談会
(COI)が設立されました。
私はその設立には全く関与しておりませんが、
このお話はCOI の発行した冊子の中の1コーナーの話です。

2000年1月に発行された第1号に「眼感染症道場のお触書」が掲載
されました。
道場の心得として、
一. ここは、眼感染症を志し、また極めし者のための道場である。
一. 門を叩くいずれの者にも有段者の道は拓かれている。
一. 見学には応じぬ。ひとたび足を踏み入れしは、必ず手合わせをしていただく。
一. 有段の決定はひとえにこれ道場長の裁量による。
一. 不明な点については道場長が書状または電子書簡にて直伝する所存である。
一. 道場破りを目的とした輩との手合わせも熱烈歓迎いたす。
と記されていました。その後に、「細菌感染症の常識・非常識」という問題が
20問出題されていました。
これは面白いと思った私は、若手眼科医というには歳をとっておりましたが、
力試しに回答を送りました。

すると、2000年7月に発行された第2号に、 三段としてトップに掲載
されました。
すっかり、この三段の栄誉に気を良くした私は、第2号の「ウイルス専科の巻」の
問題20問に
取り組みました。2001年1月の第3号でも、 連続して三段としてトップに
掲載されました。となりますと、三段を維持しなくてはと気合いも入り、
「薬剤耐性」の問題に取りかかりました。第4号が発刊されたのが、 2001年
5月でした。私は、4月に旭川医大から北へ約50キロの市立士別総合病院に転勤
した後でした。
そこでも、なんとか最高段位の三段を維持することが出来ました。
第4号の問題は「角膜炎」でした。しかしながら、2001年6月の第5号の発表で、 残念ながら、二段に降格してしまったのでした。そして第5号の問題
「結膜炎」が出題されており、それが最後の手合わせであるとのこと、次回の
最終号で、今回までの手合わせで滅法活躍した強者を発表するとのことでした。
その結果は、2001年10月発刊の第6号で
発表されました。 最終号でまた再び、三段に返り咲くことができ、
道場の師範代として栄誉ある免許皆伝を授けられたのでした。
これが、私の眼感染症道場〜達人への道〜 のお話です。
めでたし、めでたし

で、終わるはずだったのですが、2002年7月に「眼感染症道場ふたたび」が
突如発刊され、発汗しました。そこには、新作チャレンジ問題として、昔懐かし
医師国家試験のような5択問題が28問出題されていました。達人の称号を
もらったからには、無様な格好は見せられまいと、夏休み返上で(?)回答
しました。しかし、その結果はなかなか発表されず、時は流れ、2003年になり、
開業準備にも忙しくなってきました。

眼感染症道場のことも忘れかけていましたら、5月にCOI 発行元のエクセプタ・
メディカから手紙が来ました。ナントその手紙は、全問正解だったので、
コメントを掲載してくれるという内容でした。そして、2003年7月開業の月に、
「眼感染症道場ふたたび、模範解答・指南」が発刊されました。
道場長の東京医大 薄井紀夫先生から、冒頭の戦評に有難いお言葉も頂きました。

「我が眼感染症道場が誇る師範達とのお手合わせ、誠にご苦労であった。
いやはや腕自慢の衆のこぞっての参加と凄まじい戦いぶりにはただただ
感心しきりであった。なかでもぶったまげたのは、眼感染症道場開場以来
初めて見事に全問正解を成し遂げた御仁がおられたことじゃ。
その名は今野優先生。今野先生はこれまでの道場でも決まってトップの成績を
維持し続け、既に唯一無二の称号である「達人」の名を手に入れておられる
道場史上燦然と輝く大人物で、今回、遂に満を持しての全問正解と相成った。
その功績はまさしく賞賛に値すると同時に、我が道場の誇りそのものである。
さらに全問正解こそ逃しながらも正解率93%で相変わらずの「鉄人」ぶりを
発揮した小林円先生、次いで正解率90%でこれまでにも「名人」としてその名を
広く知られている久布白公子先生にも大きな拍手を送らせて頂く。
今野、小林、久布白の御三家、お主らはとてつもなく凄い!恐ろしく偉い!
しかし一体何者なのじゃ?何故ゆえ感染症に対しこれほどまでに造詣が深いの
じゃ?(道場長として威厳を保ちたいところじゃが、いずれ秘伝の術を内緒で
お教え願いたい)我々だけでなく微生物からも一目置かれる貴殿らの存在は
まさに驚異としか言いようがないが、もちろん彼らだけでなく、その他にも
沢山の衆にお手合わせ頂き、その一人ひとりに心より感謝申し上げたい。
この道場で大切なのは、とにかく何をおいてもまず飛び込んでみることじゃ。
その前向きの姿勢こそが感染症に向き合い、微生物の知己や驚異や弱点を知り、
微生物との共存について考えていく姿に他ならぬ。
そしてその姿は EYE を護る COI の達人そのもののシルエットなのじゃ。
さあ、皆の衆、今一度感染症に眼を向け、それを大いに学び、自らの糧とし、
共に手を取り翳る瞳を救おうではないか。」

薄井先生、お褒めのお言葉、誠に有難うございます。いつも、面白い文章で
尊敬します。
これが、私の眼感染症道場〜達人への道〜 のお話です。
めでたし、めでたし

「眼感染症道場またふたたび」が出たら、、、、、、、、

2003年7月26日記


と思っていましたら、2003年10月何気ない風に、COI 第7号が発刊され
ました。そして、何気に眼感染症道場も掲載されているではありませんか。
道場長の薄井先生のご挨拶も
「COI ジャーナルの復活に伴い、ついに眼感染症道場もここにめでたく
再開講と相成った。」と記されております。
そして新作問題は、ヘルペス・真菌・前眼部の20問です。

昨日(10月15日)COI を受取りましたので、早速回答し、郵送しました。

どうやら、しばらくはCOI の発行が続きそうですので、このコラムのコーナーも
リアルタイムに更新していこうと思います。そのうち、COI のメンバーの先生方が
このコラムの存在に気がついて、ネタにして下さる日を楽しみに。

達人の地位を保てるか、乞ご期待。            2003年10月16日記


お久しぶりに、2004年9月3日 COI第8号を受取りました。
前回の投稿から、しばらく経過していたのですが、その間に模範回答集が送られて
来ており、既に数問間違えていることが判明しておりましたので、
今回は道場破りではなく、破れかぶれの気分になっておりました…

そして、結果が発表されておりましたが、いかに…

やはり、今回は二段に降格しておりました、残念っ。
三段に二名、二段に四名、初段に十六名の氏名が発表されておりました。
その中の三段、二段の六名には、道場長の薄井先生からの有難いコメントが
付いておりました。

そのコメントは
「さすが初代道場破り!北国の心優しい感染症の達人健在。」
というものでした。
誠に有難うございます。
是非次回は三段に返り咲けるよう気合を入れて回答させていただきます。
                             2004年9月3日記


こうしてみますと、かなりのお久しぶりの更新になりました。
前回の第8号から2年半。
思えば遠くに来たもんだ…って感じです。どんな感じか良く分りませんが…。
2007年2月19日 COI第9号を受取りました。
恒例の「第8号手合わせの結果」が発表されておりましたが、いかに…

今回は何とか三段に返り咲いておりました。
今回、道場破りをした方がいらっしゃいました。素晴らしい。

また何とかトップの地位に返り咲きできますように、
気合を入れて回答させていただきます。
でも、今回も難しそう…
                             2007年2月19日記


時の経つのは早いもので…
前回の眼感染症道場から1年半近くが過ぎておりました。

2008年7月1日 COI第10号を受け取りました。
恒例の「第9号手合わせの結果」が発表されておりました。
三段を守ることはできましたが、四段には3名の先生がいらっしゃって、
残念ながらトップの地位に返り咲くことは、叶いませんでした。

今回からは、回答を葉書で送るというシステムがなくなってしまい、
ここ数年来のお楽しみだったこの道場での稽古もおしまいになって
しまいました。うーん、残念。
                             2008年7月1日記