病院ガイド2005
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
2005年 6月 fit 増刊号の「病院ガイド」に紹介が掲載されました。

日帰り白内障手術

白内障とは、カメラのレンズにあたる水晶体が白く濁ってくる状態です。
冬の寒い日に、外から家の中に入ったときに、メガネが曇って見えなく
なってしまうように、目の中に曇ったレンズが入っているために、
目がかすんでしまう状態が白内障です。

白内障の多くは、白髪や肌のシワと同じで、年齢とともに誰にでも起きる
変化です。水晶体が濁り始めると、ものがかすんだり、二重に見えたり、
まぶしく見えたりし、進行すれば視力が低下し、眼鏡での矯正ができなく
なります。白内障の手術方法、手術器械も大きく進歩し、患者さんの
負担も減り、手術後に良質の視力が回復できるようになりました。


白内障になると、初期のうちには薬によってその進行を遅らせることが
できる場合がありますが、完全に治療することはできません。
進行した白内障は濁った水晶体を手術によって取り除く方法が一般的に
行われています。白内障は手術により視力を取り戻すことができる良性の
病気です。

検査で白内障と診断されても、患者さんが苦にならなければ、急いで手術を
受ける必要はありません。いつ手術を受けるかは、
「ご本人が不自由を感じたとき」だと思います。それほど安全な手術です。
患者さんそれぞれの生活状況、必要性に応じて判断すれば良いものと
考えています。車の運転をしている方であれば、視力が0.7をきったら
手術が必要だと思います。


手術は、局所麻酔で行われ、痛みはありません。
手術時間は白内障の程度によって様々ですが、通常10〜30分程度です。
国内で年間70万件以上行われておりますので、1年間で旭川の住民の方
全員が両眼の手術を受けている計算になります。

最近の手術法は超音波乳化吸引術という方法が一般的で、3mmくらいの
傷から超音波の力で水晶体の濁った中身だけを吸い出します。
この最新技術を支える水晶体超音波乳化吸引装置は、綿密な計算が可能な
コンピュータを搭載していて、超音波によって砕いた水晶体を吸収し、
できた空間に水分を流し込み眼球の形を保ちながらの手術が可能な装置です。

水晶体は、昔懐かしい肝油のような大きさ、形です。肝油が薄い袋に
包まれていると考えてみて下さい。上の袋を破いて、濁った中身を
吸い出して、残った袋の中に水晶体の屈折力を補正するための
眼内レンズを挿入します。眼内レンズも、挿入する傷口を小さくするために
折り畳んで入れるやわらかいものが開発されていますので、
傷口が3mmのままで済み、縫合の必要がありません。


この小切開無縫合超音波乳化吸引術を行うことにより、
患者さんの全身状態や手術後の通院に問題がなければ、日帰り白内障手術を
受けることも出来ます。日帰り手術を受ける患者さんは、
通院できる方、重篤な合併症がない方、家族の協力が得られる方などが
条件となります。

目の手術というと怖いイメージがありますが、白内障の手術技術、
器械は進歩し、材質の良い眼内レンズも開発されていますので、
安心して手術を受けて下さい。


手術により、ほぼ白内障が起きる前の見やすさを取り戻せますが、
眼内レンズは水晶体のようにピントを調節する機能がないため、
不便に感じることがあります。その場合は眼鏡を使用します。

眼鏡は手術後1カ月ほどたって、視力が落ち着いてから作って
いただいています。


白内障は、怖い病気ではなく、誰もがなるものです。
しかし、目のかすむのは白内障だからと安心していたら、
緑内障など他の目の病気が見つかる場合もあります。
40歳を越えましたら、一度目の診察を受けることをお勧め致します。

もう、白内障は、こわ(は)くないしょ?


院長/今野 優

昭和38年帯広市生まれ。昭和63年旭川医大卒業。
旭川医大眼科入局。米国ハーバード大学留学。
平成8年医学博士取得。
市立士別総合病院眼科医長を退職し、平成15年7月開業。
日本眼科学会専門医。

2005.6.16 記