病院ガイド2009
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
2009年 6月 fit 増刊号の「病院ガイド」に紹介が掲載されました。

日帰り白内障手術

「こんな優しい眼科クリニックがあったらいいな」と思う眼科クリニックを
実現させるために、常に『患者さんが自分だったら、自分の親だったら、
自分の子供だったら』と考え、診察させていただいています。
当クリニックでは、白内障手術、緑内障治療、糖尿病網膜症治療、
ドライアイ治療、コンタクトレンズ診療に、積極的に取り組んでいますが、
その中から日帰り白内障手術についてお話させていただきます。

通常の白内障手術(白内障超音波乳化吸引術、眼内レンズ挿入術)であれば、
日帰り手術で問題ないと思います。
日常生活リズムをくずさずに日帰りで手術を行い、
早期に職場復帰という方には日帰り手術は向いていると思います。

おかげ様で当クリニックにて白内障手術を受けてくださった方が
徐々に増えてきました。
5月に1140件目の執刀をさせていただきました。
両眼の手術を受けてくださった方が399人いらしたので、
741人(男性362人、女性379人)の方の目をあずからせていただいたことに
なります。
手術は平日のお昼休みに毎日お一人の方を手術しています。
手術を受けてくださる方の不安を取り除くように様々な工夫をしています。

開院してまだ間もない当クリニックで、こんなに多くの方に手術を
受けていただけるとは思いませんでした。
当クリニックは無床診療所ですので手術後に入院していただくことが
できません。
全身疾患のある方や、白内障が進行し小さい傷口からの手術が難しいと
判断した場合には、入院して手術が受けられる施設に紹介させて
いただいております。

白内障は、怖い病気ではなく、誰もがなるものです。
白内障手術の方法、器械も大きく進歩し、患者さんの負担も減り、
手術後に良質の視力が回復できるようになりました。
当クリニックでは予約診療も受け付けておりますので、
ご心配の方は是非お電話でご連絡下さい。

7月に開院6周年を迎えますが、常に開業時の初心を忘れずに、
患者さんも常に初診と考え、「優しい眼科」と認めていただけるように
日々精進しております。

院長/今野 優

昭和38年帯広市生まれ。昭和63年旭川医大卒業。
旭川医大眼科入局。米国ハーバード大学留学。
平成8年医学博士取得。
士別市立病院眼科医長を退職し、平成15年7月開業。

2009.6.26 記