ホームドクター 2014
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
2014年 4月 ぶらんとマガジン社発行の「あなたの街のお医者さんガイド 
ホームドクター」に紹介が掲載されました。

こんの優眼科クリニック

白内障の日帰り手術が評判
丁寧な説明と親切対応が好評


 「患者さんに優しい眼科治療」をモットーに掲げる、こんの優
眼科クリニック」。今野優院長は温厚な人柄と誠実な診療姿勢で、
頼れる眼科として、多くの通院患者から信頼されている。

 今野院長は大学病院などで、白内障手術を中心に、緑内障治療や
流涙症治療、眼感染症治療、ドライアイ治療、網膜硝子体疾患、
小児眼科(斜視・弱視)、コンタクトレンズの診療に携わってきた。

 同クリニックの白内障日帰り手術は、折りたたみ式眼内レンズを
用い、小切開無縫合手術を行う低侵襲な白内障手術として定評がある。
白内障はカメラのレンズに相当する水晶体が白濁する疾患で、
主に中高年に多く発症し、加齢により進行する場合が多い。
視力は徐々に低下するが、手術により視力回復が可能である。


 手術は局所麻酔で行われ、ほとんど痛みがない。3ミリ程度の
切り口から白濁を吸引し人工のレンズを挿入。手術時間は10〜15分
くらいで、傷が小さく縫合がいらないため、患者の負担は少なく済む。
患者からは「こんなに楽になれるなら、もっと早く受けていればよかった」
との声も寄せられるほどだ。

 同クリニックでは手術後のケアにも細心の注意を払い、視力回復の
サポートにも万全を期している。また、手術室には最新のクリーン
ルームがあり、隣接する立会室からは家族が手術を見守ることができ、
患者や家族にとっても心強い。入院が必要な場合には旭川赤十字病院
などと連携している。


 患者の立場にたった万全な治療を実践し、丁寧な説明も忘れない。
例えば視力に問題のある場合は眼底カメラや細隙灯顕微鏡を使い
目の奥(硝子体・網膜・視神経)まで検査し、モニターに映し
分かりやすく説明する。また診察券には視力や検査結果を記入するなど、
細かい配慮も欠かさない。

院長/今野 優

1988年旭川医科大学医学部卒業。
2003年7月開設。
医学博士。
日本眼科学会専門医。


旭川市曙1条6丁目2−1
0166・25・8341
院  長/今野 優
診療科目/眼科
診療時間/平日 9:00〜13:00
        15:00〜19:00
     土曜 9:00〜12:00
        13:00〜15:00
休診日/日曜・祝日
最寄りアクセス/旭川電気軌道バス
曙1条5丁目停留所すぐ
http://www.8341ganka.com/

2014.4.10 記