ホームドクター 2008
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
2008年9月 財界さっぽろ発行の「あなたの街のお医者さんガイド 
ホームドクター」に加齢黄斑変性のお話が掲載されました。

家庭医学のプチ常識

最近、物がゆがんで見えることがあります。
どんな病気が考えられますか?


「加齢黄斑変性」は、最近日本人に増えてきていると
いわれる網膜の病気です。目の一番奥には、目の中に
入ってきた光が像を結び、物を見たり色を感じたり
形を把握したりする網膜があり、カメラに例えますと
フィルムの部分です。カメラのフィルムと違って、
網膜は場所によって感度に差があるのですが、網膜の中でも、
一番感度の高い中心部分が「黄斑」で、ここに出血やむくみが
できて見え方に異常が出るのが「加齢黄斑変性」です。
原因ははっきりとはわかっていませんが、加齢による網膜の
老化現象と考えられています。

  最初の症状として、ものがゆがんで見えることがあります。
例えば「カレンダーの線が波打って見える」とか、
「まんなかの線がちょっとうすく見える」ようになります。
黄斑は非常に繊細なところなので、ちょっとの異常で症状は
出てきます。ただ目の病気全般にいえることですが、
両目で見ていると、良い方の目が病気の目の視力を補って
しまうため、片方の視力の異常をなかなか自覚できず、
発見が遅れる原因になります。
目の病気の早期発見のためには、時々片目を隠してみて、
右でも左でも同じように見えているかどうかをチェックすることが
大切です。

 網膜の下にあって見え方に異常を起こす新生血管の部位や
大きさなどから、治療方法を決定していきます。
腕の静脈に色素を注射し、その色素が心臓から眼球の網膜に
送り出されてくる状態を見て、新生血管がどこにあって
どのくらい広がっているのかを調べます。

 最近では、2004年に認可された「光線力学的療法(PDT)」と
いう治療法が主流になってきました。
これは、特別な色素を注射で体に入れ、黄斑の新生血管に色素が
集まった時をめがけてレーザーを照射することによって、
それまでは治療の難しかった、中心部にある新生血管だけを
効果的に焼きつぶす治療法です。
また最近欧米では、薬物療法が新しい治療法として注目を浴びて
います。この薬物療法は内服、点眼と違って、直接目に注射する
という治療法です。日本でも近いうちに、実施されるのではないかと
思います。

 いずれにしましても、病気が進んでからでは、治療をしても
なかなか視力が戻らないので、早期発見、早期治療が大切な
病気です。気になる症状のある方は、お早めにお近くの眼科を
受診してください。
2008.9.17 記