ホームドクター 2004
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
2005年 1月 財界さっぽろ発行の「あなたの街のお医者さんガイド 
ホームドクター」に白内障・緑内障のお話が掲載されました。

白内障は良性の病気。

緑内障は早期検査・発見が大切


 白内障とは、カメラのレンズにあたる水晶体が白く濁ってくる状態をいう。
冬の寒い日に、外から家の中に入った時メガネが曇って見えなくなってしまう
ように、目の中に曇ったレンズが入っているために、目がかすんでしまう状態を
白内障という。

 水晶体が濁り始めると、モノがかすんだり、二重に見えたりし、進行すれば
視力が低下し、眼鏡での矯正ができなくなる。


 これに対して緑内障は、視神経がおかされて、見える範囲(視野)が狭くなる
病気だ。

 視神経は100万本以上の神経線維の束で構成され、網膜に映った像を脳に
運ぶ、いわば目と脳をつなげるケーブルの働きをしている。
電気器具のケーブルが接続部分で壊れやすいように、視神経も視神経乳頭と
呼ばれる眼球からの出口の部分が傷害を受けやすくなっている。

 視神経乳頭に傷害を与える一番の原因は、眼球内の圧力(眼圧)と考えられて
いる。視神経がおかされると徐々に消失してしまい、その部分の情報は脳に
伝わらずに視野が欠けていく。

 「しかし、視神経の傷害はゆっくりと起こり、視野も少しずつ狭くなっていく
ため、自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行しているのが
緑内障の怖い点です。緑内障は眼圧検査、眼底検査、視野検査などから診断
でき、これらは眼科で一般的に行われる検査です。緑内障は自覚症状がほとんど
ありませんので、眼科を受診した際に偶然発見されることが最も多いのです」と
こんの優眼科クリニックの今野優院長は早期発見を呼びかける。


 白内障は全身疾患がなければ日帰り手術も可能

 進行した白内障は濁った水晶体を手術によって取り除く方法が一般的に
行われる。白内障は手術により視力を取り戻すことができる良性の病気である。

 「検査で白内障と診断されても、患者さんが苦にならなければ急いで手術を
受ける必要はありません。いつ手術を受けるかは“ご本人が不自由を感じた時”
だと思います。それほど安全な手術です。車を運転している方であれば、
視力が0.7をきったら手術が必要です」(今野院長)

 手術は局所麻酔で行われ痛みはない。進行程度にもよるが、通常10〜30分程
で終わる。最近の手術法は超音波乳化吸引術という方法が一般的で、3ミリ
くらいの傷から超音波の力で水晶体の濁った中身だけを吸い出し、屈折力を
補正するための眼内レンズを挿入する。縫合の必要もない。

 「小切開無縫合超音波乳化吸引術を行うことにより、日帰り白内障手術を
受けることもできます。日帰り手術を受ける患者さんは、通院できる方、
重篤な合併症のない方、家族の協力が得られる方などが条件となります。
材質の良い眼内レンズも開発されていますので、安心して手術を受けて
ください」(今野院長)


 緑内障による視野の欠けや狭まりは、治療で元に戻すことはできない。
進行を止めることが治療の目的となる。眼圧を下げる点眼薬による治療を
開始し、それでも病状の進行が止められない場合には、レーザー療法や手術
療法が必要となる。日本緑内障学会の調査によると、40歳以上の5.78%が
緑内障患者、およそ17人に1人、60歳代では13人に1人、70歳以上では
8人に1人が緑内障であることがわかった。

 単なる目の疲れと自己判断せず、自覚症状の少ない緑内障から目を守る
ためには、40歳を越えたら目の検診を受けることが大切だ。

2005.1.6 記