コンタクトレンズ(ハードかソフトか)
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
コンタクトレンズ
新年度からコンタクトレンズにして、雰囲気をかえてみましょう、
と考えている方も多いと思います。

当クリニックでは、白内障日帰り手術に積極的に取り組んでいますが、
その一方でコンタクトレンズ(CL)診療にも力を入れています。

CLに対する私の考え方は、
「CLはあくまでも目にとっては異物であり、きちんと使用しなければ
目に害を及ぼす危険性のあるもの」ですが、
「きちんと使用すれば安全であり、視力の悪い人にとって非常に便利で
ありがたいもの」というものです。

私自身も強度近視でCLなしでは人前には出たくないですし、
CLの恩恵にあずかっている者の一人ですが、
そのありがたいCLでトラブルを起こす方が非常に多いので、
正しく使用していないために危険にさらされている方には、
ついつい辛口になってしまう傾向があります。


眼鏡の かわり
CLを使用する方に(既に使用している方にも)強調したいことは、
「眼鏡と併用しましょう」
ということです。

角膜に必要なものは、酸素です。
角膜は涙から酸素という栄養を受けていますので、
正しいフィッティングで、酸素透過性の優れたレンズを、正しい使用法で
装用しなければなりません。

角膜に一番よいのはCLをしていない状態です、もちろん。

起きている時間帯に眼鏡をかけて、
CLをしていない状態の時間を持つようにしましょう。
お勧めは、お家に帰ったら眼鏡にすることです。

CLは 眼鏡の代わりに使えるものですが、
    眼鏡の替わりに使うものではありません。


コンタクトレンズの始まり:豆知識
世界で最初にCLを発明したのはレオナルド・ダ・ビンチと言われています。
1508年に大きなガラスボウルに水を入れて、
水面に顔をつけてボウルの中の水を通して外を見る実験をしたと
されています。

一方、日本でのCLの始まりは、
日本医史学会評議員 奥沢康正先生によりますと、
「史料から確認できないが、豊臣の残党狩りを逃れるために、
魚のうろこを角膜上に載せて盲人を装ったのがはじめとされる」
とのことです。

眼鏡とは違う方法で良く見えるようにしようという発想と
目の中にモノを入れて見えなくしてしまうという全く逆の発想。

モノの始まりって興味深いですね。

納豆を最初に食べた人って勇気がある、って話がありますが、
最初にCLを入れた人も勇気ありますよね。


酸素透過性ハードコンタクトレンズ
所謂ハードレンズをしている方の写真です。

ハードレンズと聞いただけで
『痛いんでしょ』と毛嫌いする方が多いのも事実ですが、
安全性から考えますと、一番のお勧めですので、
私も愛用しております。

ソフトレンズに比べて、着けているという感じは常に残ります。

かつては、
ソフトレンズに比べて手入れが簡単、
乱視の矯正にはハードレンズ、
という利点がありましたが、
今ではソフトレンズも煮沸消毒やタンパク除去を必要としない
タイプのものもありますし、
乱視が矯正できるトーリックのソフトレンズも出ていますので、
どうしても敬遠される傾向にあります。

私は、
近視の度数の強い人、
装用時間の長い人には、
ハードレンズを勧めています。


ソフトコンタクトレンズ
ソフトレンズをしている方の写真です。

装用感の良いことがソフトレンズの利点です。

ただし、角膜全体をすっぽりと覆ってしまいますので、
どうしても角膜の栄養(酸素)は不足しがちです。

白目の血管が黒目に入って来ている、
角膜内皮細胞に大きい細胞が出現している、
と指摘された方は、
今までの使い方では角膜が悲鳴をあげていることになります。


今までのご自身のCL使用法が目に負担になっていないか、
どうぞ診察の際に遠慮なくご質問下さい。
2005.4.1発行 優しい眼科クリニック第17号 に掲載するために執筆
コンタクトレンズ
コンタクトレンズの定期検査