日帰り白内障手術(1)
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
日帰り白内障手術
当クリニックでは積極的に「日帰り白内障手術」に
取り組んでおります。
開業当時、旭川では2つの眼科クリニックで取り入れられている
だけでした。日常生活のリズムをくずさず、日帰り手術は
早期に職場復帰という人に向いていると思います。

当クリニックでの日帰り白内障手術の件数は
2003年36件
2004年166件
2005年215件
2006年219件
2007年219件
と推移してきておりますが、白内障手術を希望されて
受診して下さる患者さんが増えてきています。


白内障とは… 復習です
目はカメラに例えられますが、カメラのレンズに相当する
ピント合わせの働きをしてくれるのが水晶体です。

水晶体は嚢と呼ばれる薄い袋に包まれています。
この袋の前面は「前嚢」、後面は「後嚢」と呼ばれています。
水晶体の中身は、真ん中の「核」と「皮質」に分かれています。


白内障になると
水晶体が濁ってくることが「白内障」です。
水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなり、
光が乱反射して、神経の膜の網膜に鮮明な像を結べなく
なってしまいます。

白内障の症状
水晶体の濁り方は人によって異なりますので、白内障の症状も
人によって様々なことがあります。

主な症状はもちろん「目がかすむ」ということですが、
「まぶしくなる」「明るい所で見えにくい」、
「以前より近くが見えやすくなる」「老眼鏡が要らなくなる」
「眼鏡が合わなくなる」、
「二重、三重に見える」こともあります。

水晶体の皮質部分が濁り、その濁りが外側から中央に広がってくると、
「まぶしくなる」「明るいところで見えにくい」という症状が
出てきます。

水晶体の核が濁ってくると、水晶体の屈折度が変化し近視化してくる
ために「以前より近くが見えやすくなる」「老眼鏡が要らなくなる」
「眼鏡が合わなくなる」ことが起きます。


白内障の原因
白内障は病気ではありますが、加齢とともに誰にでも起きる変化と
いうことができます。
50歳を超えたくらいから少しずつ白内障は起きてきます。

また加齢によらずアトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として
白内障が起きることもありますし、目の怪我で白内障が起きる
こともあるのです。


白内障の治療
一般的な加齢白内障は誰にでも起きる変化ですので、
白内障と診断されたからといって、すぐ治療ということに
ならないこともあります。

白内障があっても日常生活に何ら支障がない場合は、
定期的な検査をお願いするだけで、治療をせずに様子を
みてもらうこともあります。

また、白内障の進行を遅らせるという点眼薬を処方する
こともありますが、現時点では白内障を治してくれる薬物は
残念ながらありません。

そこで白内障のために日常生活に不自由が出ている場合は
手術を考えていただくことになります。
手術を受ける時期はあくまでも患者さん本人が、
どれだけ白内障のために生活に制限が出てしまっているか
と言うことから考えて決めていただくことになります。

車の運転をしている方であれば、やはり免許更新に必要な
0.7を切ったら手術を考えたほうが良いですし、
ご自分のお部屋でテレビを見ることが好きな方は、
もう少し視力が落ちていても、それほど不自由は感じていない
のかもしれません。


日帰り白内障手術
当クリニックでは、日帰り白内障手術を行っています。
当クリニックは無床診療所なので、手術後に入院してもらう
ことができません。

そこで、
全身疾患のある方や、
白内障が進行し小さい傷口からの手術が難しいと判断した場合、
手術を受けないほうの目の視力が極端に低い場合
(手術後一晩は眼帯をして片目で過ごしていただきますので)、
車椅子の方(申し訳ございませんが、手術室が2階なんです)、
また緊張し易い方には、
入院して手術が受けられる施設に紹介させていただいております。


白内障の手術
白内障の手術は濁ってしまった水晶体を超音波で砕いて
吸い込んで(超音波白内障乳化吸引術)、
人工のレンズをその代わりに入れるという方法で
行われています。

手術は局所麻酔(点眼麻酔と白目の下に入れる麻酔です)で
行われ、手術時間は10〜20分です。

顕微鏡で目を拡大して手術を行いますので、
顕微鏡の光がまぶしく感じる方もいらっしゃいますが、
痛みはないと思います。
顕微鏡の光を真直ぐ見たり、足元を見たり協力してもらいます。

手術の時は緊張すると思いますが、こちらから声をかけて
手術しますので、どうぞ安心してお任せ下さい。

2008.5.1発行 優しい眼科クリニック第54号 に掲載するために執筆