検査室の器械
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
検査室にある器械あれこれをご説明させていただきます
眼科クリニックでは色々な検査器械があり、これらの器械から得られる
客観的な結果と、患者さんの主観的な症状のお話を聞き、
目の表面と場合によっては目の奥までみせて頂き、診断をつけ治療します。

検査器械から得られる結果は非常に重要ですし、信頼できる結果が
得られるように、注意深く検査させていただいております。

眼科の検査器械はどれも重量が大きく固定して使用していますので、
皆さんに次々と椅子を移っていただくご面倒をお掛けしますが、
どうぞご容赦くださいませ。

それでは、検査室の入り口近くの器械から順にご紹介申し上げます。


オートレフラクト・ケラトメーター
視力検査の前に受けていただく検査です。

オートレフラクトメーターは近視、遠視、乱視などの目の度数を
測る器械です。
当クリニックの器械は牧場の家(小屋?)が見えますので、
ぼんやりとその家を見ていていただきます。

オートケラトメーターは角膜(黒目の表面の膜)のカーブを
測る検査です。
乱視の主な原因は角膜のカーブのアンバランスです。
コンタクトレンズ処方の際には必ず検査しますし、
白内障手術の術前検査として、目の中に入れる眼内レンズの
度数を決定する際にも検査します。

この検査は痛くもまぶしくもないのでご安心ください。


ノンコンタクト・トノメーター
これは眼圧といって、目の硬さを測る器械です。
目の表面にピュッという空気が当たります。
初めての時は、少しビックリされることがありますが、
決して痛い検査ではありませんので、ご安心ください。

患者さんの中には
「空気銃で撃たれる検査は怖いから、受けたくない」と
仰られる方もいますが、最近の器械は以前のものより空気銃の
威力が落ちていると思います。

確かに空気が「何時出るか、何時出るか」と思うと嫌な気分に
なることは承知しております。

この検査が出来ない方には、診察室で眼圧検査を受けていただきます。
診察室の眼圧検査は直接検査器械が目の表面に触れますので、
点眼麻酔をして測定します。この点眼麻酔は非常に沁みるお薬です。

これらの器械で眼圧を測って、緑内障という病気がないか調べるために
検査を受けていただいております。
緑内障という病気は、40才以上の方の、およそ17人に一人の割合で
見つかりますが、自覚症状がなく、視野がかなり狭くなるまで
気づかれないという病気ですので、早期発見が重要になります。


角膜内皮細胞検査
コンタクトレンズ希望の方、目の手術を受ける(受けた)方には、
角膜内皮細胞検査を行います。

角膜内皮細胞は、角膜の透明性を保つために重要な働きをしています。
加齢と共に減少してしまうことは避けられませんが、
コンタクトレンズの誤った使用や、目の手術によって減少し、
一度減少した細胞は、再生しないのです。

コンタクトレンズで角膜内皮細胞を減らさないように、
正しいフィッティングのレンズで、かつ酸素透過性の優れたレンズを
正しい使用法で装用しなければなりません。

また白内障手術で角膜内皮細胞を減らさないように、
目に優しい白内障手術を心がけております。


検査室にある器械あれこれを…と思いましたが、
3つの器械の説明で一杯になってしましました。

今回お話できませんでしたが、視力検査は眼科の診療において
最も重要な検査です。

患者さんの中には
「先月も測ったのに、また?」
とお思いの方もいらっしゃるかと思います。

内科で体温・血圧を毎回測ることには異論はないと思いますが、
視力検査は眼科における体温・血圧検査のように基本的で重要な
検査です。
ご自分では自覚しないような体調不良のサインを体温・血圧が
示してくれるように、測ってみて初めて視力が変化していることに
気付くこともあります。

患者さんの病状に合わせて、視力検査を受けていただく間隔を
決めております。

何かご不明のことがありましたら、遠慮なくお尋ねください。

2005.8.1発行 優しい眼科クリニック第21号 に掲載するために執筆