老 眼
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
今回は、誰もが避けて通ることのできない「老眼」についての
お話をしたいと思います。
物を見る仕組みから
人はどのような仕組みでものを見ているのでしょうか。
ものを見る仕組みを考えながら、老眼について考えてみましょう。

目の働きや構造はよくカメラに例えられます。
黒目(角膜)のすぐ後ろに透けて見えるいわゆる茶目は虹彩といい、
これは目の中に入ってくる光の量を調節する働きがあり、
カメラのしぼりにあたります。

この虹彩の後ろに水晶体という部分があります。
水晶体はカメラのレンズと同じで、私達が見ようとするものを正しく、
網膜(カメラのフィルムにあたる部分)に焦点を結ばせる働きがあります。

網膜に映った像が視神経を通して脳に伝えられ、
私達は、初めてものを見ることができるのです。


今回の老眼の主役は水晶体です。

水晶体という名前ですが、キラキラ光っている訳ではありません。
もともとは透明なレンズなのです。
もちろん、その中に未来の姿や占いの結果を映してくれる水晶玉とは
違います。

カメラの場合、レンズが前後に動くことによって、
遠く、近くにピントを合わせてくれます。

私たちの目は、水晶体がその厚みを変えることによって、
遠く、近くにピントを合わせるのです。

遠くの物を見る時に水晶体は薄くなり、
近くの物を見る時は水晶体がその厚みを増して
ピント合わせをしてくれているのです。

この素晴らしい水晶体の働きのおかげで、
私たちは、遠くも近くも良く見えるオートフォーカスの世界を
享受しているわけなのです。


老眼とは

老眼とは、ピント合わせの働きをしている水晶体の弾力性が、
段々となくなってくるために、近くの物にピントが合わせにくく
なってくる状態です。

もちろん、ある日突然、水晶体が硬くなってしまうわけではありませんので、
段々と「アレッおかしいな」と思うことが
増えてくるようです(まだ伝聞形)。


「おかしいな」と思うこととして、

○本を読む時、腕を伸したほうが見やすい。

○少し暗くなると、本が読みにくくなる。

○本を読んでいて、ヒョイと目をあげると、ぼんやりと見えていて、
 ジッと見ていると、段々はっきりしてくる。

というお話をよく聞きます。


「少し暗くなると本が読みにくくなる」など、
暗くなると老眼が悪化したように感じるのは、どうしてでしょうか?

暗い所ではカメラのしぼりにあたる虹彩が光をより多く取り入れようと
するために、瞳(瞳孔)が拡がります。
瞳が拡がると焦点深度が浅くなるので、老眼が悪化したように感じる
のです。
本を読んだりする時は、手元を明るくして、読むようにしましょう。

これら手元が見えにくい状況が出て来たら、
そろそろ近用鏡(いわゆる老眼鏡)のお世話にならなければいけません。
手元が見えにくいのに無理をしていると、
目の疲れ、肩凝り、頭痛などの症状を引き起こすこともあるのです。

元々近視で眼鏡をかけている方は、遠近両用眼鏡に変えたとしても、
今は多焦点レンズの良いものが出ていますので、境目がなく
ほかの人からは遠近両用眼鏡とわかりませんから、
スムーズに移行することができると思います。

元々遠視があり遠くが良く見えていた方は、近用鏡に抵抗があるようです。
遠視の方は、遠くを見る時にも、水晶体が若干厚くなってピンと合わせを
する必要があるため、近くを見る時には更なる水晶体のピンと合わせが
要求されています。
そのため、遠視の方は早いうちに手元が見えにくいという状況になります。
遠くの視力が良好でこれまで眼鏡をかけていなかったという方は
「目に自信がある」方が多く、近くを見る時だけに眼鏡をかけると、
人より老けて見られるので嫌だというお気持ちが強いようです。
でも、日常生活で近くを見る機会は非常に多く、無理をせず早めに
近用鏡をお使いになりますと、
「疲れがとれて楽になった」とおっしゃる方がいらっしゃいます。


遠近両用コンタクトレンズ
コンタクトレンズが普及するようになってから、大分年数も経ってきて
おりますので、コンタクトレンズユーザーの中にも、
老眼年齢に達している方々が増えてきています。
そのニーズに答えるように遠近両用のコンタクトレンズが開発され、
装用者が増えつつあります。

やはり、ハードとソフトタイプの2種類のレンズがあります。

これら遠近両用コンタクトレンズは、1枚のレンズの中に
遠くをよく見るための遠用部分と
近くをよく見るための近用部分が組み込まれているものです。

それまで、ハードレンズを使っていた方は、もちろんハードの
遠近両用レンズがお勧めです。

ソフトレンズを長期間使っていらした方の中には、
角膜内皮細胞が大きくなって、その数が減ってしまっている方も
いらっしゃいますので、詳しい検査のうえ、よく相談させて頂きます。

当クリニックでは、メニコン メルスプランでお使いいただく
遠近両用コンタクトレンズをお勧めしています。

ハードレンズのメニフォーカルZ
ソフトレンズはメニフォーカルSです。

興味のある方は、メニコンのパンフレットがございますので、
スタッフにお申し付けください。

2006.9.1発行 優しい眼科クリニック第34号 に掲載するために執筆