白内障日帰り手術
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
当院は『患者さんに優しい眼科クリニック』をめざし、
目に優しい白内障手術を行います。
折りたたみ式の眼内レンズを用い、小切開無縫合手術を行います。
白内障手術は日帰り手術を行います。

手術室は2階になります。
手術室では、最新式の白内障超音波乳化吸引装置を設置しており、
日帰り白内障手術を行います。私が眼科医になってからの15年の間に、
白内障の手術の器械の進歩は目を見張るものがあります。

以前と違って、およそ3ミリの切開のみで、白内障を完全に
取り除くことができ、さらに折りたたみ眼内レンズの登場によって、
3ミリの切開のままで眼内レンズを目に入れることが可能となりました。

切開が小さくなったことで、縫合する必要がなくなり、
手術後の乱視に悩まされることもなくなり、かつ日帰りでの手術が
可能になった訳です。

手術室内は ウルパフィルターの
IQ エアークリーナーにより、
クラス10000の空気清浄度を保っています。
しかし、小切開になったとはいえ手術ですから、全身疾患(糖尿病、
心臓病など)のある患者さんは、内科のかかりつけの先生と連絡をとって、
日帰り手術に問題がないかどうか、よく御相談してから手術を決めたいと
考えております。

手術患者さんのご家族の希望がありましたら、手術に立会っていただきます。
手術室の中は、清潔な状態ですので、ご家族の方が手術室の中に入ることは
できませんので、手術立会室という手術室とガラス窓でへだたれた部屋からの
立会とさせていただきます。
手術後の患者さんには、手術待合室でお休みいただき、ばい菌止めの
抗生剤の点滴をさせていただきます。

白内障手術は、午前と午後の診療の間の、
午後1時から午後3時に行っております。

手術終了後は、待合室でお休みいただいたあと、
診察します。
大体3時過ぎには、お帰りになれます。

グラフ旭川10月号市民の健康ガイドに「白内障」が掲載されました。
開院から2004.11までの実績は こちら
開院から2005.10までの実績は こちら
開院から2006.10までの実績は こちら
開院から2007.10までの実績は こちら
開院から2008.10までの実績は こちら
開院から2009.10までの実績は こちら
開院から2010.10までの実績は こちら
開院から2011.10までの実績は こちら
開院から2012.10までの実績は こちら
開院から2013.10までの実績は こちら
開院から2014.10までの実績は こちら
2003.9.10 記
2014.12.1 更新