きっかけ
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
きっかけ
『ひと目あったその日から、恋の花咲くこともある。
見知らぬ貴方と、見知らぬ貴女に、デートを取り持つ、
パンチ DE デート』なんて番組もありましたが(73〜85年)、
レトロネタで、通用しないかもしれませんね。

別にデートの話をしようという訳ではないのですが、
人と人との出逢いにも何かのきっかけがありますよね。
今回の優しい眼科通信では、皆さんと当クリニックの出逢いについて、
調べてみましたので、ご報告致します。


「こんの優眼科クリニックのことを知ったきっかけを教えてください」
問診票の最後に、この質問があるのですが、
皆さんは、どのようなことで当クリニックを知って下さったのでしょうか。

問診票のこの質問は開院時からありますが、
答えの欄は、その都度少しずつ変更しています。

現在の答えの欄は
1. 院長を知っている(旭川医科大学で、士別市立病院で、その他  )
2. 他院から紹介された(        病院、       先生)
3. 家族・知人から紹介された(                様)
4. スタッフを知っている(                   )
5. 建物を見て・近いから
6. 看板を見て(4条西4丁目・1条1丁目・本町3丁目)
7. ホームページを見て
8. タウンページを見て
9. 記事を見て(グラフ旭川・ホームドクター・病院ガイド・ライナー健康相談)
10. その他(                    )

の10個から選んで書いていただいております。

開院当時は看板も間に合っていませんでしたし、
タウンページが出たのは開院翌年の2月でした。

そのため当時は、「建物を見て・近いから」の方が断然多かったわけです。
もちろん、地域に根ざした目のホームドクターを目指していますので、
それが一番嬉しいのですが、最近嬉しいことは
「家族・知人から紹介された」ことによって、当クリニックを受診
くださることです。

特に患者さんから紹介されてご家族の方がいらしてくれたり、
親戚・友人の方がかかってくれたりしますのは、
医者冥利につきる幸せです。

これからも患者さんに紹介していただける眼科をめざし、
診察させていただきます。


問診票から調べてみました。
2004年4月から12月までの9ヵ月間、毎週1週間(月から土曜日)を
調査しました。
1日を含む週を調査週間としましたが、週の中に祝日を含む時には
その次の週を調査週間としました。

具体的には2004年4月分は3/29〜4/3、
5月分は5/10〜5/15を調査週間としました。

患者さんが問診票にチェックをしていなかった場合で、
受付で聞き取りできなかったものは、10.その他に分類しました。

その結果をグラフにお示しします。

グラフが小さくなってしまいまして、見えにくくて恐縮ですが、
「3.家族・知人から紹介された」が徐々に増えてきてくれています。
嬉しいかぎりです。ありがとうございます。

もちろん「5.建物を見て・近いから」は、毎月多数を占めています。

「8.タウンページを見て」は、特に夕方5時以降に目の具合が悪くなり、
受診くださる方のきっかけとして多い傾向があります。
仕事帰りでも診察が受けられるようにと考え、平日は毎日7時まで
診療していますが、タウンページが受診のきっかけとなっています。
病院にかかろうと思った時に調べる手段として、
やはりタウンページに一番に手がのびるということでしょうか。

「9.記事を見て」も多いですね。
もちろん、これは記事を見てすぐに受診されるということではなく、
記事に出ていたのを憶えていて、調子が悪くなった時に思い出して
くださったということかと思います。

調べてみて意外と多いと思ったのが「7.ホームページを見て」です。
6月の21%はたまたま、その週だけ高かったのではと思いますが、
11%(8月)9%(4月)と高いこともあり、ホームページ更新の
原動力になっております。
若い方ばかりかといいますと、そうでもなく、高齢の方でも
インターネットで健康情報を調べてから受診くださる方も
いらっしゃいます。
ホームページをみて受診してくださった方は、
すでに私の写真を見て顔を知っているためか、
初めて会うという緊張が少なく、スムーズに会話が進む気がします。


「6.看板を見て」は予想通りきっかけとしては少ないことがわかります。
現在、4条西4丁目・1条1丁目・本町3丁目の3箇所に
看板をあげさせていただいていますが、
4条と1条の2つの看板は、誘導看板と考えています。
これで、当クリニックを知ってもらう訳でなく、
車で来る際の目印になってくれればと思っています。

4条西4丁目の看板を4条通り西側から見た所
1条1丁目の看板を1条通り東側から見た所
本町3丁目の看板を国道40号線北側から見た所
2005.2.1発行 優しい眼科クリニック第15号 に掲載するために執筆