テレビモニター
院長 今野 優 医学博士
昭和38年9月11日 生
平成元年 5月医師免許(第321523号)
平成 8年 9月旭川医科大学学位記(第240号)
平成 8年10月日本眼科学会眼科専門医(第8303号)
診察室のテレビモニター
当クリニックでは、診察の時に患者さんの目の状態をコンピュータに記録して
います。

診察の時に、テレビモニターに映された画像が患者さんの目の状態です。
このような画像をお見せしていると思いますが、これは細隙灯顕微鏡で
写した右目の画像です。瞳を大きくする目薬を入れた後の検査ですので
瞳(瞳孔)が大きく広がっています。細隙灯という細い光を左側から
照らしていますので、C のような光のすじとなっているのが、透明な
角膜からの反射です。瞳の中にピント合わせの働きをしてくれている
レンズ(水晶体)が見えます。この水晶体が白く濁ってくるのが
白内障という病気です。

この細隙灯顕微鏡検査では、まぶた(眼瞼)、まつ毛(睫毛)、黒目
(角膜・前房・水晶体)、茶目(虹彩)、白目(結膜・強膜)だけで
なく、レンズを使って目の奥(硝子体・網膜・視神経)まで検査する
ことができます。


また、眼底写真もお見せすることができます。
これは、眼底カメラで写した右目の眼底です。丸くお月様のように
見えるのが、視神経乳頭と言って、目の神経が脳へと伝わっていく
出口です。その中を通って、心臓から目に血液を送る動脈(細い
ほうの血管)と、帰り道の静脈(太いほうの血管)という血管が
走っています。中央の少し暗く見える部分が、黄斑と言って視力に
かかわる最も重要なところです。

診察の時には、テレビモニターに映された画像を一緒に見ながら、
説明させていただいておりますが、何か気になること、疑問な点が
ありましたら、いつでもご遠慮なく質問して下さい。質問して
いただきますと、説明にもさらに気合が入りますので、大歓迎です。

2004.2.2発行 優しい眼科クリニック第3号 に掲載するために執筆