スタッフルームから
もうすぐ開院3周年です。
この1年でスタッフの交代もありましたが、
新しいスタッフもすっかり馴染んで、
毎日元気にお仕事頑張ってくれています。

2006年7月1日           院長 今野 優


 今回の『スタッフルームから』では、
お初にお目見えの視能訓練士の木下さんの登場です。
安藤さんがおめでたで 3月一杯で退職されました。
木下さんは、新卒の視能訓練士として、4月から
当クリニックに勤務してくれています。

                  院長 今野 優


 みなさん、こんにちは。

 私は勤めて10ヵ月目に入り、当クリニックは3回目の開院記念を
迎えます。まだ10ヵ月、これから益々頑張りますので、
よろしくお願いいたします。

 前回は「顔と名前を憶えていただけたら…」と書きましたが、
どうでしょうか?

 ここでお知らせが…

 実は、私…

 一卵生の双子なんです。

 私が姉なのですが、最近「妹に似てきたね」と言われることが
多くなってきました。
姉である私は、それは納得がいかないのですが…。

 先日、街を歩いていて、思いっきり妹に間違われ、
少し自覚しました…。

 私を見かけても気づかない時は、私ではないかも?!
そんな時はどうぞ、お気を悪くしないでくださいね。
まぎらわしくてすみません m(--)m

                  看護師 山田


 早いものでもう3年経ちました…
開院して…
いえいえ家のピーちゃんの話です。

 あれは丁度3年前の7月末。
クリニックの内見会を無事に終え、翌日の開院に備えて
早めに帰宅した、丁度その時、
庭の方から母の叫ぶ声が…
(何事?!)

 母の下へ駆けつけると
「早く捕まえて!!」
(え?何を)

 見ると小さな鳥が羽根をバタバタさせて必死に逃げようと
していました。
格闘の末、無事捕獲。
取りあえず簡易鳥カゴ(洗濯籠)へ。
よく見ると、まだ子供の黄色いインコでした。

 「一体どこから逃げて来たの?」
本人に聞いても答える訳もなく、
近くの動物病院に問い合わせても、飼い主は見つからず…

 「もしや、これは幸せの黄色い鳥では?!」
…それから3年、
現在の彼女(彼)は、何時になったら幸せを運んで来てくれるのか、
いまだ不明のまま、今も家の中で
「ピーちゃん、ごはん」
「ピーちゃん、おはよう」
と、毎朝しゃべり続けております。

 『ピーちゃん、うるさいよ!!』

                 眼科コメディカル 風間


 7月で開院して丸3年。
開院当初からお世話になっていますので、私も眼科コメディカル歴
3年になりました。
眼科コメディカルとしては、まだまだですが、
「スタッフルームから」登場はベテラン!!…のはず。
「その割には、内容に進歩がない!!!」というツッコミは、
是非心の中にしまっておいてください(笑)
これからも、お世話になりますので、どうぞよろしくお願いします。

 先日、久しぶりに札幌へ遊びに行って来ました。
ここに勤める前、5年ほど住んでいたので、
その頃の友人と買い物をしたり、おしゃべりをしたり…
それはそれは、楽しいひと時を過ごしてきたのですが…

 あくる日、足が重い。
しかも、時間が経つにつれ痛みも出て来ました。
完全に筋肉痛です!!

 確かにその日は、たくさん歩いたことは歩きましたが、
以前は節約のためといって地下鉄2駅3駅分歩くなんて
当たり前だったんですよねえ^^;

 旭川に来てから、通勤のためと車を所有するようになり、
ほんとに歩くことのない毎日を送ってしまって、
この有り様です><

 「少し運動をしなくては!」と思ってはいますが、
はたして…(笑)

 皆様。健康に気をつけて、元気に過ごしてくださいね!

                 眼科コメディカル 大谷


 はじめまして。
4月から働かせていただくことになりました木下です。

 私は北海道ハイテクノロジー専門学校を卒業し、
視能訓練士として働いております。

 皆さん視能訓練士という職業はご存知ですか?

 あまり知られていない職業ではありますが、
視能訓練士とは、視力検査を始め眼科検査を担当するのは
もちろんですが、斜視や弱視で視力がでにくい場合などに
訓練を通して、両眼で物を見れるようにしたり、
視力が向上したりするようなお手伝いをする仕事です。

 働き始めてから3ヵ月が経ち、ようやく慣れて来たところです。
「言葉使いは難しいな」と思う毎日です。
同じ言葉でも、言い方によって受け入れ方も違いますよね?!

 今までは友達と話すことが主でしたが、働いて色々な年齢の方と
話すようになり、言葉について考えることが多くなりました。

 社会人1年目、これから多くの事を経験し、学んでいきたいと
思います。
まだまだ学生気分が抜け切れていないところもありますが、
頑張ります。宜しくお願いいたします。

                 視能訓練士 木下

戻 る